使える! 数学

第11回】トヨタも気付いた突破力 数学ビジネス活用の最前線

トヨタ自動車、ファナック、ソニー、新日鐵住金に町工場。数学の“突破力”に気付いた企業たちは、貪欲に次々とビジネスに取り入れている。数学のビジネス活用の最前線に迫った。

 1月6日、米ラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。トヨタ自動車のブースには、人だかりができていた。同社が今後5年間で計約1200億円もの研究開発費を投入し、育てようとしている自動運転技術の未来の一端が披露されていたからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
使える! 数学

週刊ダイヤモンド

数学こそは究極の武器である。さまざまなビジネスの現場で問題を明らかにし、分析し、判断を下す。数学の素養、数学的思考はその強力な道具であり、力強い味方となる。企業にとってもしかりだ。数学はカネを生む。世界のビジネスの最前線で存在感を放ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません