使える! 数学

第1回】数学がカネを生み、ビジネスを動かす

2015年12月中旬、冬休みを前にした京都大学のキャンパス。理学部数学教室の伊藤哲史准教授(整数論)は、約50人の学生を前に、黒板いっぱいに数式を書き込んでいた。教科は「線形代数」。理系の学部生だったら、いやでも取らなければならない数学の必修科目だ。だが、伊藤准教授がこう話すと、嫌々授業を受けていた学生たちの頭がふと上を向いた。

 2015年12月中旬、冬休みを前にした京都大学のキャンパス。理学部数学教室の伊藤哲史准教授(整数論)は、約50人の学生を前に、黒板いっぱいに数式を書き込んでいた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

使える! 数学

週刊ダイヤモンド

数学こそは究極の武器である。さまざまなビジネスの現場で問題を明らかにし、分析し、判断を下す。数学の素養、数学的思考はその強力な道具であり、力強い味方となる。企業にとってもしかりだ。数学はカネを生む。世界のビジネスの最前線で存在感を放ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirofumi_t この世で一番苦手なのは虫の群れと数学。しかし数学的思考って生きる上での基礎体力のようなもので、趣味だと思ってやり直そうかな。 https://t.co/8ZvQcHE3fF 約3年前 replyretweetfavorite

hirokiwachigai 9割の方には必要ないけどね。 約3年前 replyretweetfavorite

pingpongdash この連載おもしろそう-- 約3年前 replyretweetfavorite