女性を敵に回した暴君トランプのしくじり

2016年はアメリカ合衆国大統領選挙の年! もはや敵なしという勢いで共和党の予備選を勝ち進むトランプですが、過半数の獲得に陰りが見えてきました。それにはどうやら女性有権者の影響があるそうで……。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

トランプに眉をひそめる女性の有権者

誰にも止めらないほどの勢いがあると見られていたトランプだが、代議員の過半数獲得が微妙になってきている。最近の予備選でクルーズが好戦しているのだ。

以前「トランプにハイジャックされた共和党の奥の手」でも書いたように、たとえ獲得代議員数がトップであっても、過半数が取れなかった場合には、オープン・コンベンション※で、ほかの候補が選ばれる可能性があるのだ。
※ブローカー・コンベンションの別名(ブローカー・コンベンションではイメージが悪いので名称を変えたようだ)。投票で過半数を得る候補がいなかった場合、予備選の勝者ではない候補者を、「談合」で「党の指名候補」に選べるという裏ワザ。

共和党のエスタブリッシュメントとエスタブリッシュメントを推す外部政治組織がこれまで大金を注ぎ込んでもほとんど影響も与えることができなかったのだが、本選では、エスタブリッシュメント以上にパワーを持つ集団が動きそうな気配がある。

その集団とは、「女性」である。


民主党のイベントに来た、ヒラリーとサンダース両方の女性支持者

女性を侮蔑する行動にかけては、トランプはこれまでも有名だった。コメディアンで人気トークショーの司会者だったロージー・オドネルとは、2006年から公の場で喧嘩を続け、これまでに「負け犬(loser)」「太った豚」などと呼んでいる。また、2012年にはハフィントンポストを開設したアリアナ・ハフィントン本人へのリプライの形で「アリアナ・ハフィントンは、中身も外見も魅力がない。前夫が、ほかの男のもとに走った理由がよくわかる。彼は良い決断をした」というツイートをした。


「アリアナ・ハフィントンは、中身も外見も魅力がない。前夫が、ほかの男のもとに走った理由がよくわかる。彼は良い決断をした」(2012年8月28日|Twitter

そして、昨年8月からは、フォックスニュースのベテラン女性司会者メーガン・ケリーに対して、異常ともいえる攻撃を続けている。 その発端は、共和党候補者ディベートでのトランプの過去の女性蔑視発言に関するケリーの質問だった。「女性を『太った豚、犬、だらしないズボラ、胸くそ悪いけだもの』と呼ぶ行動は、大統領にふさわしい行動かどうか?」という質問である。これは、大統領候補のディベートとしては、とりたてて厳しい質問ではない。だが、トランプは激怒し、CNNの番組で「(ケリーの)目から血が流れ出しているのが見える。ほかのどこかからも血が出ている(のだろう)」と、ケリーが月経で機嫌が悪かったことを示唆する発言をした。

けれども、予備選開始前の2月のニューハンプシャー州では、まだトランプの発言が過激になっていなかったせいか、顕わな嫌悪感を示す女性はいなかった。

トランプのイベントで会った労働者階級の女性は、「トランプにするかバーニー(サンダース)にするか迷っている。どちらも、思ったことを隠さず口にするから、信頼できる。でも、バーニーが言うように大学をタダにしても、私の息子が抱えている大金の学費ローンは戻ってこない。それは不公平」とトランプになびいているようだった。


トランプのイベントに来たファンの女性

マルコ・ルビオのイベントで出会った女性たちは、トランプのラリーとはまったく異なるタイプだった。カジュアルな身なりにしても、服の質と装飾品で高所得層だということがすぐにわかる。そして、夫婦で参加している人も多い。何人かに話を聞いたが、トランプの話題になると、彼女たちは一様に「フフン」と鼻で笑う。ある女性は、「話は面白いけれどね」と断ったうえで、「私たちが選んでいるのは大統領よ。王様じゃないわ」と肩をすくめた。

しかし、それでもトランプのファンの女性はけっこういたし、勢いに翳りが見えることはなかった。だから、前回「『選挙は金次第』の常識が変わった2016年の大統領選」で書いたように、トランプは「何を言っても許される」という無敵感を抱くようになったのだろう。

女性に対してエラー続きの王様トランプ

しかしこのところ、トランプはいくつかのミスを連続でおかした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

weathermen12 FOXニュース看板番組(ビル・オライリー)、セクハラ報道でBMWなどが広告撤回 https://t.co/5ABkp2tobr 女性(メーガン・ケリー)を敵に回したトランプ https://t.co/XdM4wtdiRb https://t.co/EJTFZQdUL4 5ヶ月前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe トランプはメーガン・ケリーを侮辱した過去があります> https://t.co/9ZBhqxHGNE https://t.co/Vl0NdPWAuc 11ヶ月前 replyretweetfavorite

chanpon22 米女性の「権利」に対する意識の高さったら。イデオロギーで権力が移動する時代ではなくなりつつあるな。 1年以上前 replyretweetfavorite