福岡は日本のアジア戦略の最前線にいる

日本国内で唯一、年間数%の成長を続ける政令指定都市、福岡のアグレッシブな戦略とは? 出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さんが世界で考えました。
早くも5万部突破の書籍『君はどこにでも行ける』を、特別掲載いたします。
併せて、グローバルな生き方、働き方を模索する対談もお楽しみください。

福岡はアジア戦略において最前線になる都市である 

 そんな東京でひとつ気になるのは、空港事情だ。羽田空港は、国際線が大幅に増えたことで、海外のアクセスは高まったが、成田空港は本当に残念だ。LCC専用空港になれば生き残れるかもしれないが、羽田の利便性に完全に負けている。

 一方、空港事情では近年、福岡市が有望だ。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
君はどこにでも行ける

堀江貴文

街角で〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時に感じる「寂しさ」の正体はなんでしょう。出口の見えない不況の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまいました。 出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ZeroMassage すごいね福岡 #福岡 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ZeroMassage これからは福岡の時代 #株 5年以上前 replyretweetfavorite

19dmt https://t.co/O6K9o8Fyzt 知ってた と言うより東京と同じくらい物が揃う 6年弱前 replyretweetfavorite

081nkobayashi 今の福岡空港を最大限に活用すべき。新空港なんて必要ないでしょう 6年以上前 replyretweetfavorite