一歩を踏み出す人と、踏み出さない人の差—金城拓真×堀江貴文[4]

いまやアフリカで50社以上を経営&年商400億円を稼ぎ出す金城拓真さんと、最新刊『君はどこにでも行ける』を刊行した堀江貴文さんの特別対談。最終回は、アフリカにおける次なるビジネスチャンス予測から、ニジェールの鉱山ダイナマイト爆破ツアー、さらにはタンザニアでのロケット打ち上げ計画まで、お二人の自由な発想が飛び交います。

アフリカで次の狙い目は、金融ビジネス?

堀江貴文(以下、堀江) 金城さんはアフリカで、IT系のビジネスもDMMと組んでやるって言ってたけど、僕は金融業が有望だと思うんですよね。銀行のインフラが整ってないから。銀行は電子化もしてないよね?

金城拓真(以下、金城) ネットバンクで送金ができるところは、ほぼないですね。

堀江 じゃあ、送金はどうしてるんですか?

金城 普通に銀行の窓口に並んで。これ、実はすごく重要なポイントで、窓口に並ぶと丸1日潰れるんです。なので、ちゃんと送金できる従業員を雇えるかどうかで会社の業務のスピードがぜんぜん違ってくるんですよ。

堀江 送金できる従業員って?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕らはどこにでも行ける

堀江貴文

発売前から販売ランキングの上位に入り、重版が決定するなど大反響を呼んでいる堀江貴文さんの著書『君はどこにでも行ける』。出所から2年半の間に世界28カ国58都市を訪れた堀江さんが、海外での暮らしやビジネスに縁がある人を迎え、国境にとらわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

morimori_naha 日暮里駅前のエスカレーター下で若い物乞いさんを見たな。→『堀江 物乞いって経済発展の指標の一つだよね。10年くらい前だとバンコクとかでも見かけたけど、いまはすっかり見なくなった。バングラデシュあたりまで行かないと物乞いがいない』 https://t.co/65FqSE53Zd 3年弱前 replyretweetfavorite

RieDorji 金城さんの表情が良い。人生を楽しんでいる顔をしている。 3年以上前 replyretweetfavorite

earthtospace89 https://t.co/NpZLWXWKNZ どんどんやらしい話になっちゃうんだからぁw でも、この人たちマジでやりそう!! 3年以上前 replyretweetfavorite

BAR_DIME 一歩踏み出すの一歩がこの人デカすぎる。笑/ #pasDIME 3年以上前 replyretweetfavorite