40億円の金鉱山をキャッシュで買いましたけど、なにか?—金城拓真×堀江貴文[3]

いまやアフリカで50社以上を経営&年商400億円を稼ぎ出す金城拓真さんと、最新刊『君はどこにでも行ける』を刊行した堀江貴文さんの特別対談。第3回は、アフリカでギャングに狙われたり、コンテナごと商品を盗まれたりと数々の修羅場をくぐり抜けてきた金城さんのサバイバル術と、キャッシュで鉱山を買ったお話です。

拳銃は、撃たれても当たらないから大丈夫

— 金城さんは冤罪で捕まった以外にも、危ない目に遭っていて、銃で撃たれたことがあると聞いたんですが?

金城拓真(以下、金城) ありますあります。まあ、拳銃で撃たれても当たらないなっていうのが僕の実感なんですけど。
 たとえばオリンピックの射撃競技でピストル種目なんかを見ると、選手たちは標的に対して体を横向きにして銃を構えてるんですよ。そうやって正しい姿勢で撃たないと当たらないから。でも、素人は体の正面で構えちゃうから全然当たんなくて、脅しの道具にしかならないんですよ。

— どのくらい離れてたら当たらないんですか?

金城 5~6メートル離れてればもう当たらないと思います。

一同 へえ〜。

堀江貴文(以下、堀江) 拳銃じゃなくて、ライフルとかマシンガンも当たらないの?

金城 マシンガンは、銃口をやや下向きに構えるんですね。そこで引き金引いて、連射して弾道を見て調整するから、やっぱり標的にまっすぐ銃口を向けてもあさっての方向に弾が飛んでっちゃう。ルーキーのチンピラがやりがちなミスですね。

— ルーキーって(笑)。

堀江 っていうかその口ぶりだと、銃で脅されたのは1回や2回じゃないですよね?

金城 両手の指で足りるくらいです。

— それって何を要求されているんですか? やっぱりお金?

金城 うちがやってる貿易会社って、西アフリカに中国の商品を卸している会社としては最大手か、少なくともトップ3には必ず入るんです。でも、中国の商品を日本人の僕が扱っているというのは、中国人からするとものすごくイメージが悪いんですよ。だから、もし僕がいなくなったら、僕が握ってるシェアをほかの中国人たちで奪い取れるっていう考えがあるらしく。

— 戦国時代みたいですね……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕らはどこにでも行ける

堀江貴文

発売前から販売ランキングの上位に入り、重版が決定するなど大反響を呼んでいる堀江貴文さんの著書『君はどこにでも行ける』。出所から2年半の間に世界28カ国58都市を訪れた堀江さんが、海外での暮らしやビジネスに縁がある人を迎え、国境にとらわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kkwaon これだ。マフィアよりマサイ族が怖いって人の記事。もう有料記事になってしまったけど。 傭兵が自分を殺しに来たから警備会社作って正社員にしてあげて自分の配下としちゃうとか、漫画の世界 https://t.co/h1b3oTMGzJ 3年以上前 replyretweetfavorite

RieDorji 駄目だ、、、金城さんにすっかり魅了されてしまった。。。wRT 3年以上前 replyretweetfavorite

s_hikaru 構成しました→ 3年以上前 replyretweetfavorite

arekim1973 土砂1トンで3gの金か・・・ 3年以上前 replyretweetfavorite