心のベストテン

ゲスト夢眠ねむ!】スガシカオの“集大成”と岡村靖幸の“潔癖さ”

引き続きゲストは『でんぱ組.inc』の夢眠ねむさん。今回は、吉井和哉さん、エレファントカシマシ宮本浩次さん、斉藤和義さん、岡村靖幸さんなど、「攻める50歳」が熱いというお話です。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

常識はずれのほうがヒットする

柴那典(以下、柴) 前回は「デヴィッド・ボウイと攻める50歳の男たち」という話でしたが、今回もその続きで「攻める50歳」という話をしたいと思います。というのも、このあいだ「ROOTS 66 -Naughty 50-」という、66年生まれで今年50歳になる人たちが集まるライブイベントがあったんですよ。そこに前回も話した吉井和哉さんやエレファントカシマシも出ていたし、斉藤和義さん、スガシカオさんも出てた。

夢眠ねむ(以下、ねむ) へえ! スガシカオさん、今年で50歳なんですか? ずっと30代のイメージ(笑)。

大谷ノブ彦(以下、大谷) ははははは! でも実際、今年に出たスガシカオさんのアルバムは、まさに攻めてますね。いわゆるJ-POP的な曲が全然入ってない。思いっきりブラック・ミュージック寄りになっている。

 それだけじゃなくて、かなり変なことをやってるんですよ。ドラムとベースのテンポをわざとずらした曲を作ったりしている。もちろんあわなくて気持ち悪いんだけど、ずーっと続けると一瞬だけ奇跡的にハマるところがある。そこだけ切り取ってループさせてたりする。

ねむ ちゃんと狙いがあってやってるんですか?

 もちろん。6年ぶりの新作で、前々から「自分の集大成になるものを作る」と宣言していたアルバムがそれですからね。

大谷 しかも、そのアルバムのプロデュースをしたのが小林武史さんだというのがおもしろい。サザンやミスチルを手掛けてきたヒットメイカーですよ。それが「今回はスガシカオのエグいところを全部出そう」と言って、あえてJ-POP的な耳ざわりのいいサウンドとは真逆のことをやった。

 ということは、つまり、いわゆる売れ線の逆を狙った方がヒットするだろう、という読みがあった。

大谷 そう! そこが大事なのよ。音楽でもお笑いでも、今の時代、そっちのほうが断然おもしろいし、ヒットすると思うの。「みんなが好きそうなのはこういう感じでしょ」って勝手に大衆性を想定して作ったものなんて、全然つまらない。それは今あるマーケットに乗っかってるだけですもん。

 わかりやすいものを狙うより、常識はずれなものを作ったほうがヒットする。

大谷 そう。もっとカウンター精神を持ったもの、攻めてるもののほうが、意外性があるから広まっていく。それが結果ポップスになると思うんです。

岡村靖幸の「潔癖さ」

 そして、「攻める50歳」ということで言うなら、今年で50歳になった岡村靖幸さんも、まさにそういうタイプの人だと思うんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

odenkaraage1  ほうclampとな 約4年前 replyretweetfavorite

m_ringop  これ読んでスガさんの新しいアルバム聴きたくなった!初期の雰囲気が好きなんやが、それに近いのかな??楽しみー 約4年前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「ぶーしゃかLOOP」の中高生の物真似というのは知らなかったなー。岡村ちゃんのアルバム、2月はほとんどそれしか聞いてなかった。 約4年前 replyretweetfavorite

24yan_nishi80 アフロの変が終わって「楽しみがあああ」って思ったり、心のベストテンの更新キタ━━(゚∀゚)━━!!って思っていると、ダイノジ・大谷ヲタ感めっちゃ出てる。 約4年前 replyretweetfavorite