雑誌編集、広告代理店、ベンチャー起業から、保育園経営へ|松本理寿輝(まちの保育園 経営者)〈中編〉

地域に開かれた新しい保育を実践する「まちの保育園」を経営する松本理寿輝さん。じつは、一橋大学商学部を卒業後、博報堂に入社。その後ベンチャーの副社長になるという、一見、保育業界からは遠いキャリアを歩んできました。大学時代は、意外にも雑誌編集に夢中になっていたとか。しかしこれらはすべて、いまの保育園経営につながっているのです。大学の先生に薦められて行った、児童養護施設でのボランティアが、人生を大きく変えるきっかけになったという松本さん。今回は、「まちの保育園」にたどり着くまでのお話です。

かわいいだけでなく、たくましい。子どもの可能性に気づいた日

—松本さんは、大学時代は商学部で経営について学んでいたんですよね。そこから、どのようにして保育園にたどり着いたんですか?

大学時代は、けっこう頭でっかちだったなと思います。経営学や経済学を専門としていたのですが、そこで言われている「価値」というのが何なのか、よくわからなくて悶々としていました。同時に、いまはブック・コーディネーターとして活躍している内沼晋太郎くんが同級生にいて、一緒に雑誌をつくっていたんです。彼が編集長で、僕がアートディレクター。いわゆるカルチャー誌で、著名な方に取材させていただくなど、かなり精力的につくっていました。編集部では、「これから、情報はすべてネットに流れていくだろう。それでも紙媒体は何らかの意味で残るはずだ」といった議論をよくしていました。

—いま議論されているようなことを、15年以上前に話されていたんですね。

そうですね。そんな大学生活だったのですが、あるとき授業で、児童養護施設でのボランティアに行く機会がありました。それまで私は子どもに対して、「かわいいな」としか思っていなかった。でも、そこの子どもたちと触れ合ううちに、自ら学び、育っていくたくましさもある存在だということを知りました。子どもは可能性の塊なんです。子どもって、おもしろい! そう思って、幼児教育について調べていき、子どもたちの育ちや学びを中心に据えた、グランドデザインに現場の経営の立場で携わっていきたいと思ったんです。

—そういう想いにたどり着いたのは、いつのことでしょうか?

大学3年のときです。でも、学生の立場でいきなりグランドデザインなどできるわけもない。進み方も見えなかったので、どうしようと思っていました。そうしたら、お話を聞いていた保育関係者の方が「一度、社会を広く見てきたら?」と言ってくださったので、就職をすることにしました。教育はコミュニケーションが本質だと思っていたので、広告代理店を受け、縁あって博報堂に入ることになりました。そこで、教育企業のブランドマネジメントを仕事を通して学ぶことができたんです。

—ここでも、保育園経営につながりそうなお仕事をしていたんですね。

運が良かったと思います。クライアントとの話し合いでは「理念と経営のバランスが大事」ということをよく言っていたのですが、果たして自分が経営するとなったときに、それができるのかなと思いました。そこで、会社の先輩に「経営を学ぶなら、自分で経営するのが早い」というアドバイスをいただき、博報堂をやめて、まずは友人と会社を立ち上げることにしました。経営はすごく大変でしたが、なんとか軌道に乗って落ち着き始めたところで、独立したんです。

—保育園設立に向けて、動き始めた。

はい。2009年から準備を始めて、2011年に「まちの保育園 小竹向原」を開園しました。その後、2012年12月に「まちの保育園 六本木」を、2014年10月に「まちの保育園 吉祥寺」を開園しました。

0歳から6歳までの環境が、人生を大きく左右する

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
規格ハズレの履歴書たち

Tokyo Work Design Week

「自分らしい働きかたって?」「未来の自分、どんな仕事してる?」「仕事の武器って何?」――そんな疑問を持つすべての人にお送りする、「最高にワクワクする仕事」を見つけた先駆者たちのインタビュー。“新しい働きかた”をテーマとする国内最大級の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

twdw_info 【連 載... https://t.co/B5OoGIDkBB 4年以上前 replyretweetfavorite

yaiask 「まちの保育園」の松本さんのインタビュー、中編です。大学時代には内沼晋太郎さんと一緒にカルチャー雑誌をつくっていたそう(意外!) 4年以上前 replyretweetfavorite

sunbumte 何回読んでも志望動機が理解できない。>教育はコミュニケーションが本質だと思っていたので、広告代理店を受け、縁あって博報堂に入ることになりました。 4年以上前 replyretweetfavorite