グリズリーとタイマン『レヴェナント:蘇りし者』がんばれ俺の尿意

祝レオナルド・ディカプリオ様アカデミー賞受賞! ということで、今週公開の話題作『レヴェナント 蘇りし者』をレビューします。例のごとく展開に触れておりますのでご注意ください。

■映画鑑賞の最大の敵、それは尿意。

『レヴェナント』の試写会にうまいことまぎれこませていただきました。賞とかとっちゃったから一気に混雑したみたいです。試写会の席を確保したものの案内のおねえさんが「この作品は二時間半の上映となります」って言い出したので血の気が引きました。

 映画鑑賞の最大の敵、それは尿意。皆さんはどうか知りませんが僕は新陳代謝が高いのか水分採ってなくても約二時間でそれがやってきます。二時間半はまずい。そんな事ならもっと前から水分補給をしなかったのに……という感じで上映スタート。

 レヴェナントは予告編を、確か『残穢』の時に見て「あっこれ面白いやつだ、試写会あったら行かせてもらえるか訊いてみよう」と思ったのですが、期待通り良かったです。監督が『バベル』の人だと気づいてなお良かったです。『バベル』好きなんですよ僕。あの絵面ですっかりハード系の俳優となったディカプリオが動き回るの嬉しい。

ライフルでグリズリーとタイマン

 関係ありませんがディカプリオは異常に煙草の吸い方がかっこいい。喫煙シーンすら問題視される昨今において俺は喫煙者だぞという自己主張を感じる凄まじい吸い方をいろんな映画でしています。今回はトム・ハーディに全部喫煙シーン取られてましたけど、煙草吸ってる場合じゃない。

 冒頭でめちゃくちゃ人が死んで、先ごめ式のライフルより弓矢の方が圧倒的に強いみたいになってるんですが、その頼りないライフルでグリズリーとタイマンですよ。入江無一かよ。というか銃+ナイフ使っても全身ボッコボコにされて足も折られてってなっちゃうんですけど、グリズリー、フゴフゴ言いながらブルブル全身を震わせてのしかかってきてホント怖い。熊を倒すとか常人には無理。圧倒的パワーの塊、それが熊。あの戦闘に特化してなくて突然舐めたりのしかかって投げたりしてくるの獣って感じでホント怖い。それを倒しちゃうヒュー・グラスさんも凄いですけど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jisama |江波光則 わかいひとのデート向きではなさそうだ。 https://t.co/pNUG6zhIlV 3年以上前 replyretweetfavorite

nobyta_ 見に行くつもりの人は今回もネタバレ注意ですが、相変わらず文章面白いです 江波さんの本まだ読んでないけど・・・・ 3年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 祝アカデミー賞! 泥臭いディカプリオ主演の西部劇版『オデッセイ』を最速レビュー 3年以上前 replyretweetfavorite