新聞社が暴く教会の恐ろしい真実『スポットライト 世紀のスクープ』

今回とりあげるのはアカデミー賞作品賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』。事実をもとにした映画だからこそできた、手法と怖さとは? いつにもまして映画の内容に触れておりますので、ご注意ください。

■たまには見るよ社会派ドラマ

『スポットライト 世紀のスクープ』を見てきました。久しぶりに人が死なない映画を見ました。セクシーショットも殴り合いも流血もありません。実際にあったカトリック系の神父による幼児に対する性的スキャンダルをボストンの新聞社がスクープした内幕を描く社会派ドラマです。僕だってたまにはこういうの見るのです。

 性と暴力を禁じ手にしている作品はたまに見ます。間の持たせ方の参考になるからです。メリハリの付け方で言えば最もコストパフォーマンスの悪いやり方をどう消化しているのか気になります。(まあそもそもの動機は「舞台がボストンだったから」でもあるんですが。僕が今ハマってるゲームの舞台がボストンなので。見ておきたかった。でも屋外シーンが多かったからそっちの興味は満たせませんでしたが、作品は良かったです)

 殴ったり殺したりで物事に対処するの楽ですけどファンタジー入っちゃいますからね。今回だって教会スキャンダルを探ろうとする新聞社の記者にバチカン第十三課みたいなのが殺しに来てアンタッチャブルみたいな展開にも出来たんでしょうけど、してない。それやると違うものになっちゃうから。

『スポットライト 世紀のスクープ』

4月15日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開 配給:ロングライド

■証拠隠滅も調査も、法の上で

 教会側の証拠隠滅も、それに対する調査も全部、法の上で行われる。これで二時間ちょっとドラマ含みつつ持たせてるんですからかなりの演出技術ですよね。恋愛要素すらない。ただひたすら足で情報集めて、無数の資料から探り出す地味な作業が続くんですが、退屈はしません。退屈させないのがすごい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yyysoleil スポットライト ー世紀のスクープーのレビュー?なんだけど、宣伝で「われもまたアルカディアにあり」が出てくるので、ああアンテナ感度上げてるときって情報の方から引き寄せられてくるよね、という。 / https://t.co/8Shj9enjck 3年以上前 replyretweetfavorite

kairei ネタバレありだったから途中まで読んだ 3年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 本日更新です⇒ 3年以上前 replyretweetfavorite

hykw_SF 意外な選択ですねと思ったら、「舞台がボストンだったから」? 3年以上前 replyretweetfavorite