第4回】100職種の推定年収を算出 給料アップの“意外”な職業

リーマンショックに欧州債務危機など世界中を襲う荒波は、あらゆる職種の給料をも押し下げている。そこで、100職種の推定年収ランキングを作成、実態に迫った。

 「作業員を集めるため一時は山谷地区からほとんど人がいなくなったほど。特殊な技術を持つ鉄筋工は人数が少なく、全国からかき集めないと仕事にならない」

 あるゼネコン幹部は、東日本大震災以降、人手不足に頭を悩ませている。復旧や復興に関する作業は山のようにあるものの、作業員が足りないため、仕事を取りたくても入札にも参加できないというのだ。

 おのずとこうした作業員たちの給料は急上昇。「公共事業が減少し続ける中で震災特需は干天の慈雨なのに、人件費の高騰でほとんどもうけは消えてしまう」(ゼネコン幹部)というほどだ。

 民間企業に勤めるサラリーマンは、リーマンショック以降、欧州債務危機やタイの大洪水に見舞われたこともあって、なかなか給料が上がらない。しかも、年収200万円以下の割合は約23%を占め、400万円以下で見れば、その割合はなんと約59%にも上る厳しい事態となっている。

 こうした状況は、他のさまざまな職種も同様で、この5年間で給料が上がっている仕事は多くない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

給料と仕事 将来比較【Part 2】給料が増える仕事 減る仕事

週刊ダイヤモンド

世の中には多種多様の職業がある。職業の数に合わせて、給料も千差万別だ。では、いったいいくらぐらい稼いでいるのだろうか。話題の仕事や人気の職業を中心に、最新の、そして今後の給料事情を探った。 ※この連載は、2012年7月14日号に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード