オチビサン歳時記

ウグイス 〜ウグイスの鳴き声は、「ひとくひとく」!?〜

「春告げ鳥」や「花見鳥」とも呼ばれるウグイス。
皆さんの地域では、もう鳴いていますか?
豆粒町にも響き始めた、ウグイスのさえずり。
私たちには「ホーホケキョ」としか聞こえませんが、
オチビサンの耳には、違う言葉で届いているかもしれませんね。

野鳥の声がどう聞こえるか、人の言葉に置き換えることを「聞きき做なし」といいます。ホトトギスの声は「てっぺんかけたか」、コジュケイは「ちょっと来い、ちょっと来い」、ツバメは「土食って虫食って渋ーい」、だれが考えたのか、ユニークなものが多くあります。ウグイスの声は、「ホーホケキョ」。昔の人には、この鳥のさえずりが「法 法華経」と聞こえたのです。そのため、「経読鳥」と呼ばれることもあります。

ウグイスは、「人来鳥ひとくどり」という異名も持っています。その由来は、平安前期の「古今和歌集」に載ったこの歌からわかります。

梅の花見にこそ来つれ鶯のひとくひとくと厭いとひしもをる

「ひとく」は、当時のウグイスの鳴き声でした。「梅の花を見に来たら、ウグイスが『人が来る』と言っていやがっている」というのです。「ひとく」と「人が来る」をかけたのですね。

どの時代も同じように鳴いているのに、いつしかお経を読むようになってしまったウグイス。じつは「ホーホケキョ」と鳴くのは、オスだけです。縄張りを知らせ、メスを呼んでいるのです。このほか、「チャッチャッ」という「笹鳴き」や、「キキキキキッキョキッキョ」という「谷渡り」という鳴き方もあり、谷渡りは警戒音だと考えられています。

ウグイスは藪を好む野鳥で、姿を見る機会はそれほど多くありません。大きさはオスが16㎝ほどで、メスはやや小ぶり。オリーブ色や茶色に近い、思いのほか地味な色をしています。この羽色に似た「鶯色」が生まれたのは江戸時代。茶色がかった「鶯茶」とともに、品がいいと、たいへん好まれました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません