人類に残されたのは、言葉と論理。アルファ碁が示した人工知能の可能性とは

Google傘下のディープマインド社が開発した「アルファ碁」と、イ・セドル九段が5局戦った「Google DeepMind Challenge Match」。コンピュータ囲碁の進化を一気に早めたと言われる囲碁プログラム「アルファ碁」は、イ・セドル九段に4勝1敗で勝利しました。この対局の意味とは。そして、3Dゲームさえ自己学習で攻略してしまう人工知能は、この先どんな進化を遂げるのでしょうか。コンピュータ囲碁に詳しい棋士・大橋拓文六段と、将棋プログラム・Ponanza開発者で囲碁プログラムも開発している山本一成さんと共に振り返ります。(聞き手 cakes加藤貞顕)

アルファ碁が、囲碁というゲームの伸びしろを教えてくれた

加藤貞顕(以下、加藤) さて、ここまで全5局を振り返ってきたわけですが、イ・セドルさんとアルファ碁の対局結果について、囲碁のプロ棋士はどういうふうに受け止めてるんですか?

大橋拓文(以下、大橋) もうアルファ碁が強すぎたので、よく「アルファ碁先生に代わって打ってもらいたい」とぼやいてます(笑)。

山本一成(以下、山本) 本当に囲碁界のみなさんは、柔軟性があるよね。ありすぎるくらいだ(笑)。国際的なゲームだからなのかな、業界全体にオープンな感じを受けました。


左:山本一成さん、右:大橋拓文六段

加藤 山本さんは、将棋プログラムのPonanzaで最強になって、次はということで、囲碁のプログラムに挑戦しているんですよね。ドワンゴがサーバー環境などのリソースを用意して開発をすすめる囲碁ソフトZENのチームに加わったと、先日発表がありました。この対局を受けていかがですか?

山本 いやあもう、やばいですよね。とにかくやばい。手放しで賞賛しますよ。チェスや将棋、囲碁といったゲームソフトの世界で、アルファ碁はまさに金字塔を打ち立てました。レーティングでいったらZENとアルファ碁は、1月に『Nature』でアルファ碁についての論文が発表された時、1000点くらい離れてたんです。ZENが2000、アルファ碁が3000くらい。 ※レーティングは強さを表す指数。400点差で勝率90%程度になるように数字を調整していく仕組みが一般的。

大橋 ZENはアマチュアのトップより少し弱いくらいだよね。

山本 ほかの囲碁プログラムも2000年代後半からけっこう強くなってきてはいたんだけど、アルファ碁は桁違いです。やっぱり開発における人的リソースが潤沢なのが強いですよね。

加藤 Googleが2年前に、ディープマインド社を約5億ドルもの大金で買収したのは、何より人材がほしかったからですよね。

山本 このチャレンジマッチは、興行としても最高の盛り上がりを見せましたよね。囲碁界にとってもすごくよかったんじゃないでしょうか。

大橋 「最高の斬られ方だった」と言われていましたね。

山本 まさにそうですよ。だからこれ以降は、いま世界のレーティングトップの棋士・柯潔(カケツ)さんが出てくるかどうかじゃないかな。私が対局のコーディネーターだったらそう考える。

加藤 セドルさんとの対局が決定してから、ヨーロッパチャンピオンに勝ったことを論文といっしょに発表するという、Google側のプロモーションの流れも絶妙でしたよね。しかもヨーロッパチャンピオンと戦った時は、まだここまで強くなかったから、その棋譜を見てセドルさんも油断してしまったんじゃないでしょうか。

大橋 あの対局のアルファ碁は弱いという評価が多いんですけど、ぼくはけっこう強いと思っています。間違いなく今のほうが強いですけど、あの当時対局しててもセドルさんと結構いい勝負だったかも。

山本 さすがにそれはないんじゃないですか。論文により強くしたって書いてあったし、じっさい今回セドルさんと対局したバージョンは、もうレーティング4500に達したそうですよ。数ヶ月で1500アップって、おそろしい数字ですよ。

加藤 短期間で、どうやってそんなに強くしたんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Googleの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?

大橋拓文 /山本一成

先日行われた、Googleの人工知能「アルファ碁」と、世界トップクラスの囲碁棋士「イ・セドル九段」の対戦は、コンピュータの4勝1敗で幕を閉じました。その中身を、プロ棋士の大橋拓文六段と、最強将棋ソフトPonanzaの作者・山本一成さん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

issei_y 少し前までこんなこと言ってましたけど。 https://t.co/PGuILBQJhZ (↑すいません途中から有料記事です・・・) 3年弱前 replyretweetfavorite

tkskk 人間はAIの電池になるのかw 3年以上前 replyretweetfavorite

amab なんかすごくいい対談読んだ気がする。夢があるいい話。(*´∀`)ホッコリ https://t.co/CPJmBiJOrg 3年以上前 replyretweetfavorite

volantverba ♦ :一応は必読。今なら無料。 3年以上前 replyretweetfavorite