アルファ碁はたくさん手を読んでいるのではなく、猛烈に勘がいい

「人工知能が人類を超えた」と大きな話題を呼んだ、囲碁プログラム「アルファ碁」とイ・セドル九段の対局。いったい、アルファ碁はどのように世界のトップ棋士に勝ったのでしょうか。常識はずれで無謀だと思われた手が、じつは好手だったという展開が続いた全5局。この世紀の対決を、コンピュータ囲碁に詳しい棋士・大橋拓文六段と、将棋プログラム・Ponanza開発者で囲碁プログラムの開発もしている山本一成さんと共に振り返ります(聞き手 cakes 加藤貞顕)。

左:山本一成さん、右:大橋拓文六段

20手先に進むと、悪手だと思った手が好手になっている

加藤貞顕(以下、加藤) ではここから、それぞれの対局について解説していただきます。

大橋拓文(以下、大橋) 第1局の敗着(負けを決定づけた手)は、黒7手目と言われています。


黒7手目

加藤 え、7手目が敗着って、早すぎじゃないですか?

大橋 そうなんです。これは、イ・セドルさんがコンピュータを試した手なんですね。結果的にうまくいかなかったのですが。でも、セドルさんのこの手を敗着にするというのは、その後の応手を完璧に打たなくてはいけないわけで、それができる棋士は世界に5人もいないでしょう。それだけ、アルファ碁が強かったということです。

加藤 コンピュータを試す手とは?

大橋 あまりデータになさそうな手を打って、コンピュータがどう対応するかを試したり、コンピュータを混乱させたりしようと思ったんじゃないですかね。でも前回、山本さんがディープラーニングの解説をしてくれたときに、「局面を丸暗記しないで、抽象化して学習する」と言っていましたよね。まさにその効果で、アルファ碁はちゃんとこの局面で何をすべきか一から考えて、いい手を打ちました。

山本一成(以下、山本) あれ、でも、一緒にニコニコ生放送で解説してた時、アルファ碁の10手目を見て、「これ悪手ですね」とか言ってなかったっけ。


白10手目

大橋 あのね、当時はむしろ、「あ、これでセドルさん勝ったな」って思ってました(笑)。この段階で相手が悪手を打ったら、普段のセドルさんなら絶対勝ちに持っていけるから。 で、この10手目は、プロの対局ではほとんど見られない、部分的には損な手とされている形なんです。定石を丸暗記してたら、絶対に打てない手。しかも、すごく早く打ったから、「バグって変な手打っちゃったのかな」くらいに思ってました。ところが、20手目くらいまで進んでみると、すごくいい手だったとわかった。セドルさんが7手目に打った黒の位置が、絶妙にわるくなってる。


白22手目

加藤 つまり、アルファ碁は、セドルさんが仕掛けた7手目を見事にとがめたわけですね。だから、プロ棋士のみなさんが衝撃を受けていたのか。

大橋 ほかにもアルファ碁は、定石にとらわれない手をたくさん打ってます。「ツケにはハネよ」(相手が自分の石にくっつけて打ってきたら、打たれた石の横に自分の石を打て)という格言があって、棋士はツケられたら自然にハネるんですけど、アルファ碁はツケられても気にしないんです。

加藤 そのあと、30手目あたりでは、プロの皆さんは局面についてどう思っていたんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Googleの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?

大橋拓文 /山本一成

先日行われた、Googleの人工知能「アルファ碁」と、世界トップクラスの囲碁棋士「イ・セドル九段」の対戦は、コンピュータの4勝1敗で幕を閉じました。その中身を、プロ棋士の大橋拓文六段と、最強将棋ソフトPonanzaの作者・山本一成さん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask エロやスキャンダルに頼らずとも、知的好奇心で記事を読んでくれる人がたくさんいるんだなと 6ヶ月前 replyretweetfavorite

e_WADACHI 最近モーレツに気になっている言葉:『ディープラーニング』 by 昭和のテム・レイ………… 約1年前 replyretweetfavorite

tocoro 世界トップクラスの囲碁の棋士と人工知能の囲碁勝負についての「 という記事があった。ディープラーニングはネオコグニトロンのような画像解析技術がベースであることに符合する。 約1年前 replyretweetfavorite

Singulith >   Googleの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?|大橋拓文/山本一成|cakes(ケイクス)   https://t.co/nrYXxsbkoq 約1年前 replyretweetfavorite