幸せになる勇気

哲人は言い切る。「自分の人生は、自分で選ぶことができる」

「自分の人生は、日々の行いは、すべて自分で決定するものなのだと教えること。そして決めるにあたって必要な材料――たとえば知識や経験――があれば、それを提供していくこと。それが教育者のあるべき姿なのです。」100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』待望の続編『幸せになる勇気』の特別掲載、最終回です。

自分の人生は、自分で選ぶことができる

青年 じゃあ先生のご提案を受け入れて、𠮟ることもせず、原因も問わず、生徒たちに「これからどうするか」を聞いたとしましょう。それでどうなるか? ……考えるまでもありません。出てくる言葉は「もうしません」とか「これからはちゃんとやる」とかいった、口先だけの反省ですよ。

哲人 反省の言葉を強要したところで、なにも生まれない。それはそのとおりです。よく、謝罪文や反省文を書かせる人がありますが、これらの文書は「許してもらうこと」だけを目的に書かれたものであって、なんら反省にはつながらない。書かせる側の自己満足以上のものにはならないでしょう。そうではなく、ここで問いたいのは、その人の生き方なのです。

青年 生き方?

哲人 カントの言葉を紹介しましょう。彼は自立について、こんなふうに語っています。「人間が未成年の状態にあるのは、理性が欠けているのではない。他者の指示を仰がないと自分の理性を使う決意も勇気も持てないからなのだ。つまり人間は自らの責任において未成年の状態にとどまっていることになる」

青年 ……未成年の状態?

哲人 ええ、真の自立に至らない状態です。なお、彼の使う「理性」という言葉は、知性から感性までを含めた「能力」全般のことだと考えればいいでしょう。

青年 われわれは能力が足りないのではなく、能力を使う勇気が足りていない。だから未成年の状態から抜け出せないのだと?

哲人 そうです。さらに彼はこう断言します。「自分の理性を使う勇気を持て」と。

青年 ほほう、まるでアドラーじゃありませんか。

哲人 それではなぜ、人は自らを「未成年の状態」に置こうとするのか。もっと端的に言うなら、なぜ人は自立を拒絶するのか。あなたの見解はいかがですか?

青年 ……臆病だから、ですか?

哲人 それもあるでしょう。ただ、カントの言葉をもう一度思いだしてください。われわれは「他者の指示」を仰いで生きていたほうが、楽なのです。むずかしいことを考えなくてもいいし、失敗の責任をとらなくてもいい。一定の忠誠さえ誓っていれば、面倒事はすべて誰かが引き受けてくれる。家庭や学校の子どもたちも、企業や役所で働く社会人も、カウンセリングにやってくる相談者も。そうでしょう?

青年 ま、まあ……。

哲人 しかも、周囲の大人たちは、子どもたちを「未成年の状態」に置いておくべく、自立がいかに危険なことであるか、そのリスク、恐ろしさについて、あの手この手を使って吹き込んでいきます。

青年 なんのために?

哲人 自分の支配下においておくために。

青年 なぜ、そんなことをするのです?

哲人 これはあなた自身、胸に手をあてて自問するといいでしょう。あなたも自分では気づかないうちに生徒たちの自立を妨げているのですから。

青年 わたしが!?

哲人 ええ、間違いありません。親、そして教育者は、どうしても子どもたちに過干渉になり、過保護になる。その結果、何事についても他者の指示を仰ぐような、「自分ではなにも決められない子ども」を育ててしまう。年齢だけは大人になっても、心は子どものままで、他者の指示がないとなにもできない人間を育ててしまう。これでは自立どころではありません。

青年 いや、少なくともわたしは生徒たちの自立を願っていますよ! なぜ、わざわざ自立を阻害しなきゃならんのです。

哲人 わかりませんか? あなたは生徒たちに自立されることが恐いのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生を再選択せよ!ーー100万部のベストセラー『嫌われる勇気』の続編、ついに登場!

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

--- - "岸見 一郎" - "古賀 史健"
ダイヤモンド社
2016-02-26

この連載について

初回を読む
幸せになる勇気

岸見一郎 /古賀史健

『嫌われる勇気』から3年後、教師になった青年は再び、哲人のもとを訪ねる。「アドラーを捨てる」という、思ってもみなかった決意を胸にして。本当に「世界はシンプルであり、人生もまたシンプル」なのか。それとも「アドラー心理学」は現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_k__uu |古賀史健 @fumiken /岸見一郎 https://t.co/juPTVw6f96 1年以上前 replyretweetfavorite

mixjuice001 「先生のおかげで卒業できました」とか「先生のおかげで合格できました」と言わせる教育者は、ほんとうの意味での教育には失敗しています。生徒たちには、自らの力でそれを成し遂げたと感じてもらわなければなりません https://t.co/lTG16FHZHl 1年以上前 replyretweetfavorite

kimurahmmf うん。これを読むと孤独を感じて良かったのかなとさえ思う。 1年以上前 replyretweetfavorite

uma_klpe 監督者の責任を回避するために、対等になられることを阻むために、思いやりという言葉で相手を支配し、縦の関係を築き続ける。「自分で決めていいんだよ」 アドラー心理学は深い。> 1年以上前 replyretweetfavorite