幸せになる勇気

青年は主張する。「ルールを破った者を処罰するのは当然だ!」

アドラー式の「叱らない教育」を実践した結果、教室は無秩序の動物園状態に陥ってしまった。ゆえに、教育には「叱る」ことが必要だと主張する青年。しかし、哲人は「叱る」という手段が教育上なんら有効でないことを、青年の経験から証明します。果たしてその根拠とは? 100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』待望の続編『幸せになる勇気』より、第二部を特別掲載いたします。

「罰」があれば、「罪」はなくなるか

青年 問題行動の5段階、たしかに興味深い分析です。まずは称賛を求め、次に注目されんと躍起になり、それがかなわなければ権力争いを挑み、今度は悪質な復讐に転じる。そして最終的には、己の無能さを誇示する。

哲人 そしてそのすべては所属感」、つまり「共同体のなかに特別な地位を確保すること」という目的に根ざしている

青年 ええ。いかにもアドラー心理学らしい、対人関係を軸とした道筋だ。この分類については認めましょう。しかし、お忘れですか? われわれが議論すべきは「𠮟ること」の是非なのですよ? なんといっても、わたしはアドラー式の「𠮟らない教育」を実践したのです。なにがあっても𠮟らず、彼らの自発的な気づきを待ったのです。その結果、教室はどうなったか? ルールもなにもない、さながら動物園ですよ!

哲人 それであなたは𠮟ることにした。𠮟ることで、なにか変わりましたか?

青年 騒いでいるときに大きな声で𠮟りつければ、その場は静まります。あるいは生徒が宿題を忘れたときでも、𠮟れば反省したような顔をします。でも、けっきょくはその場だけですね。しばらくすればまた騒ぎはじめるし、また宿題をしなくなる。

哲人 なぜ、そうなるのだと思います?

青年 だから、アドラーですよ! 最初に「𠮟らない」と決めていたのが間違いだったんです。最初に甘い顔を見せてなんでも認めてしまったから、「あいつは大して恐くない」「なにをやっても許されるんだ」と小馬鹿にしているのです!

哲人 最初から𠮟っていれば、そうはならなかった?

青年 もちろんです。これは最大の後悔ですね。何事も最初が肝心です。来年、別の学級を受け持つことになったら、初日から厳しく𠮟りつけてやりますよ。

哲人 あなたの同僚や先輩のなかには、いかにも厳しい人もいるわけですね?

青年 ええ、さすがに体罰とまではいきませんが、いつも生徒を怒鳴りつけ、厳しい言葉で指導している先生方は何人もいます。憎まれ役に徹し、教師という役割に徹している。ある意味、プロフェッショナルの鑑です。

哲人 どうもおかしいですね。なぜその先生方は「いつも」怒鳴っているのでしょう?

青年 なぜって、生徒たちが悪さをするからですよ。

哲人 いや、もしも「𠮟る」という手段が教育上有効であるのなら、せいぜいはじめの何回か𠮟っておけば、問題行動はなくなるはずです。それがどうして「いつも」𠮟ることになってしまうのか。どうして「いつも」恐い顔をして、「いつも」大きな声を出さないといけないのか。不思議に思ったことはありませんか?

青年 ……それだけ聞きわけがないのですよ、あの子たちは!

哲人 違います。これは「𠮟る」という手段が教育上なんら有効でないことの、動かぬ証なのです。仮に来年のあなたが最初から厳しく𠮟ったとしても、状況はいまと変わらない。むしろ、もっとひどくなるかもしれません。

青年 もっとひどくなる!?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生を再選択せよ!ーー100万部のベストセラー『嫌われる勇気』の続編、ついに登場!

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

--- - "岸見 一郎" - "古賀 史健"
ダイヤモンド社
2016-02-26

この連載について

初回を読む
幸せになる勇気

岸見一郎 /古賀史健

『嫌われる勇気』から3年後、教師になった青年は再び、哲人のもとを訪ねる。「アドラーを捨てる」という、思ってもみなかった決意を胸にして。本当に「世界はシンプルであり、人生もまたシンプル」なのか。それとも「アドラー心理学」は現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Junya_tomita アドラー心理学 嫌われる勇気 幸せになる勇気  12ヶ月前 replyretweetfavorite