俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

盛衰激しいコスプレ系バー。生き残るヒントは部屋飲みにあり

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 栄枯盛衰激しい夜の街を見始めて早10年。欲望にまみれ、時にはボッタクリの被害に遭いながら、ある真理に到達した。その業態にこだわらず、コンセプトありきの店はまず長続きしない。正確に言えば、コンセプト“だけ”の店は長続きしないのだ。

 その最たる例が’05年に秋葉原で巻き起こったメイドブームだ。当時、雨後の筍のように乱立したメイド喫茶、メイドバー、メイドマッサージ。ついにはメイド占いなる店まで登場したが、その多くはオープンからわずか1年ほどで閉店を余儀なくされている。

単なる軍隊コスプレと思うなかれ

「戦闘員」の加藤さん(右)と冬峰さん(左)。アニメオタクが多く、年代を選ばず会話を盛り上げてくれる。「土曜日は満席になるくらい激混みです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード