花嫁修業より】現世で結婚したけりゃ、やるっきゃない【メンヘラドッヂなど】

「結婚なんて、来世でできればいい」ユー、そんなことを考えていませんか? でも、来世なんてなくなぃ? ありぃ? やっぱ、なくなぃ? ぁあああ”ー、無理無理無理ィ……とお嘆きのみなさま、おひかえなすって。そんな無理ゲーを攻略したのが、こちらのスイスイ選手なのです。参考になるかは置いといて、ゲーム実況動画を見るような漫然とした気持ちでネ申プレーをお楽しみください。

私がまだメンヘラだった頃、その時々の恋愛にしがみつくことに必死で、誰か1人と穏やかに何十年も生活を重ねていけるなんてイメージが持てなかった。
若すぎたということもあるけれど、そんな感じだったから「結婚」については現実味がなく「なんなら来世かな!」と思っていた。

それはいつかはしたいけれど、遥か先のような。

だけど! そんな私も現在は結婚して二人の子を持ち、リア充の頂点です。
今日はそんな私が、結婚に向け踏み抜いたステップと相手選びの考え方をご享受するね勝手に。

夫とは、2007年、フジテレビの新卒採用試験の面接で出会った。
それは私がラスボスとの戦いに破れて、メンヘラ脱出を決意したばかりの、ボロボロの頃だった。

私は名古屋から、彼は神奈川から、お台場に面接を受けに来ていた。我々はその日、同じグループで面接を受けることになった。今思えば恥ずかしいが、面接後、面接ハイで盛り上がった私たち4人は、お台場駅のホームでワイワイ記念写真を撮った。7年後の同じ日に、婚姻届を出し、同じ駅のホームに夫婦2人で写真を撮りにくるなんて、考えもせず!

その日解散するとき、ゆりかもめを降りた新橋駅で、4人のうち、私と夫だけが2人きりで同じ方向に歩いた。時間にしてほんの30秒だったと思う。

そのとき背中に太陽の光を受けながら、強風のなか、地球の何よりも真っ直ぐに立つ彼を見ながら私はハッキリと、この人と結婚したら幸せになると強く思った。その翌日わたしは友人たちに「結婚相手に出会った」と語った。

メンヘラの「運命!」なんてほぼ口癖だが、そのときの感覚はあながち間違っていなかった。彼はメンヘラ女子の相手としては、割とベストな要素をたくさん持っていたのである。

結婚したけりゃメンヘラドッジで見極めろ

結論から言おう。結婚相手を捜すには、ドッヂボールをするのが早い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mearev 導入部が面白かった。現世ではできそうになかったら「来世」とか「来々世」とか「来々々世」で果たせばいいや! 来世以後に、記憶が持ち越されるかは、わかんないけどね https://t.co/0DOeVNCdSq 4ヶ月前 replyretweetfavorite

MizzouYoshiko 文章が面白い。  5ヶ月前 replyretweetfavorite

arekusandoraito |スイスイ @suisuiayaka 面白いな、共依存への視点とか。 https://t.co/vT1G4MbKvh 約1年前 replyretweetfavorite

italyno10 面白すぎるw 約1年前 replyretweetfavorite