第6話 夜の音楽

フシギなことが起きても驚かない。なぜならここは“フシギ”があたりまえの世界なのだから。空想、幻想、妄想の世界に読者をいざなうことに定評のあるコマツシンヤさんによる、ちょっとフシギで、なぜか懐かしいお話。読めばたちまち、異次元へと心が旅立ちます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
午后のあくび』

コマツシンヤ

フシギなことが起きても驚かない。なぜならここは“フシギ”があたりまえの世界なのだから。空想、幻想、妄想の世界に読者をいざなうことに定評のあるコマツシンヤさんによる、ちょっとフシギで、なぜか懐かしいお話。読めばたちまち、異次元へと心が旅...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Sumire__smile コマツシンヤさんの『午后のあくび』 ” すごく好き。 *★♪*☆ミhttps://t.co/jNqIRIy0ab♪*☆ミ★* 1年以上前 replyretweetfavorite

booker_z フシギな音。でも、キレイな音~♪どうして読んでるだけで伝わってくるんだろう。フシギだ!!「午后のあくび」第六話 夜の音楽 コマツシンヤ https://t.co/TbpsNmEZ29 1年以上前 replyretweetfavorite