バリントン・J・ベイリーのいない世界

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 今回はアニメ『キルラキル』の元ネタにもなった『カエアンの聖衣〔新訳版〕』刊行を記念して、著者のバリントン・J・ベイリーを追悼した「新SF観光局」の第1回を抜粋して再録します(SFマガジン2009年1月号より)。

 初めてベイリーを読んだのは、〈季刊NW‐SF〉14号(78年8月号)に訳載された「災厄の船」(大和田始訳)だった。意外にもこれがベイリーの初邦訳。その媒体が〈NW‐SF〉というのは、今となっては不思議な気もするが、当時はベイリーも立派な〈ニュー・ワールズ〉作家だった。というか、60年代から70年代にかけて、英国SF界のめぼしい作家は、作風に関係なく、マイクル・ムアコック率いる〈ニュー・ワールズ〉に集っていた。J・G・バラード、ブライアン・オールディスから、キース・ロバーツ、ヒラリー・ベイリー、M・ジョン・ハリスン、ジェイムズ・サリス、クリストファー・プリースト、イアン・ワトスン……。〈NW‐SF〉編集人の山田和子は掲載号の編集後記でベイリーをこんな風に紹介している。

 本誌初登場(および本邦初紹介)のバーリントン・J・ベイリーは一九三三年生まれ。十五歳の時から様々なペン・ネームで創作をつづけているというイギリスの作家で、六〇年代から「ニュー・ワールズ」誌に定期的に寄稿し、「季刊ニュー・ワールズ」となってからもほぼ毎号、作品を発表しています。イギリス作家らしい重厚な文体で展開される幻想的な観念性は独特のもので、SFの新しい傾向の一端を示しているといえるでしょう。

 この紹介文にふさわしく、訳載された「災厄の船」(初出 New Worlds, 1965/06)は、滅びゆく種族エルフの操る船があてどなく海をさまよう重厚なファンタジー(人類文明の勃興以前に存在したエルフ文明がその歴史ごと消えてゆくさまを描く多世界SFとも読める)。しかしもちろん、ベイリーがそういう小説ばかり〈ニュー・ワールズ〉に書いていたわけではない。

 ベイリーは、2歳下のムアコック(1939年生まれ)とまだ十代の頃に出会って親友となり、短篇を合作したり、同じ家に同居したりする仲だった。ムアコックが〈ニュー・ワールズ〉の編集長となってからは、P・F・ウッズ名義も含めて同誌や姉妹誌に短篇を書きまくり、主力作家に名を連ねる。ムアコック編の同誌傑作選の最終巻となった Best SF Stories from New Worlds 8 には、ひとりで4篇も作品が載っているほど。いずれも六二年発表の短篇で、「地底戦艦〈インタースティス〉」、「大きな音」、「空間の大海に帆をかける船」、“Double Time”と題名を挙げれば、ベイリーが昔からバカSF作家だったことは一目瞭然だろう。

 おっと、話が先走った。「災厄の船」が訳された段階では、日本におけるベイリー評価は、まだ、“無数にいる未紹介英国作家のひとり”でしかない。それが一変するのは、本誌80年1月号に安田均訳の「オリヴァー・ネイラーの内世界」(ハヤカワ文庫SF『シティ5からの脱出』所収)が掲載されたとき。

ネイランドの世界は雨の降る世界だった〉という書き出しはいまもまざまざと覚えている。舞台は殺風景な私立探偵事務所。古い白黒テレビに、黒い車を運転するハンフリイ・ボガートとバーバラ・スタンウィックが映っている。そのとき、電話が鳴る。

「仕事をたのみたい、ミスター・ネイランド。きみの世界を調べてくれる人が欲しいんだ。あの黒い車の二人連れを追ってくれ。二人はどこへ逃げるのか? 何から逃げているのか? そして、いったい雨はやむのか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo 『カエアンの聖衣〔新訳版〕』刊行を記念して、著者のバリントン・J・ベイリーを追悼した「新SF観光局」の第1回を抜粋して再録! 2年以上前 replyretweetfavorite

u_ro_n 〈ヘイトは垂直時間軸を横切って過去方向へ進むよう指示した。歴史領域を百五十年遡ったところで彼は艦隊に待機を命じた。旗艦はほどなく直交時間に同調した〉***大森望の新SF観光局・cakes出張版 2年以上前 replyretweetfavorite

consaba #SF創作講座 2年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 2年以上前 replyretweetfavorite