無職でも平気なイタリア人と、失業して絶望する日本人のマインドの差—ヤマザキマリ×堀江貴文[3]

現在イタリアに住んでいるヤマザキマリさん。失業率が12%を超え、仕事を失ってしまっても危機感のない市民が多いのだそうです。ヨーロッパ人の心の強さは何に支えられているのでしょうか? 
早くも5万部を突破した『君はどこにでも行ける』の装画を手がけたヤマザキマリさんとの、書籍にも収録された対談のノーカット版、第3回です。

ヨーロッパの人々は歴史の大きな流れを悟っている

堀江貴文(以下、堀江) イタリアの景気はどうですか?

ヤマザキマリ(以下、ヤマザキ) いまは本当に経済状態が悪くて、失業率は12%を超えました。財政再建のために増税したり、中国系企業が進出したりで会社が潰れてしまって、みんな現実問題として困ってますね。このところお金が理由で自殺する人も増えてきて、それがニュースになっています。今までなら、国民の意識の中には、「この世にはお金よりも大事なものがある」という暗黙の定義があって、自殺という概念はない民族だったはずなんですけどね。

堀江 イタリア人でもそうなんだ。

ヤマザキ まあでも、多くの市民にそれほど危機感はない。働かなくても別にいい、家族が守ってくれるというのが、基本にあるんですよね。
 家族の絆が強くて、家族との関係をすごく大事にするんです。家族を犠牲にしてまで、必死に働くとか、ありえないんですよ。だから、家族にお金持ちがいたら、そっちに頼りきりで真面目に働こうとしない。

堀江 無職でも家族とか周囲に責められたりしないんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕らはどこにでも行ける

堀江貴文

発売前から販売ランキングの上位に入り、重版が決定するなど大反響を呼んでいる堀江貴文さんの著書『君はどこにでも行ける』。出所から2年半の間に世界28カ国58都市を訪れた堀江さんが、海外での暮らしやビジネスに縁がある人を迎え、国境にとらわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuooo11 「生まれてきてくれてありがとうね」って言ったこともなければ言われたこともないかも。自己肯定力、大事。 https://t.co/CWOcllt7Xj 1年以上前 replyretweetfavorite

chorilolila https://t.co/isq0j2X9YR 1年以上前 replyretweetfavorite

GBKSHO すごく、伸び伸びとした生き方、人生、じゃないですか。 1年以上前 replyretweetfavorite

daaaaalesan ということでもう満員電車は限界です。お疲れさまでした。 1年以上前 replyretweetfavorite