最終回】現代に残る数少ない桃源郷 アジアのコロニアルホテル/中村孝則(コラムニスト)

なぜ、アジアのコロニアルホテルは、東西を問わず人を魅了してやまないのか。独断を承知で申し上げれば、独自に成熟した「様式美」と、「もてなしの流儀」を兼ね備えているからである。
 国や地域によってディテールに差異はあるが、たいていのアジアのコロニアルホテルは高い天井に大きく開かれた窓を持つ白亜の建築群で構成され、その内装はしっくいの壁に木材の床、インテリアにとうや木綿など、現地の天然素材がふんだんに使われている。

 なぜ、アジアのコロニアルホテルは、東西を問わず人を魅了してやまないのか。独断を承知で申し上げれば、独自に成熟した「様式美」と、「もてなしの流儀」を兼ね備えているからである。

 国や地域によってディテールに差異はあるが、たいていのアジアのコロニアルホテルは高い天井に大きく開かれた窓を持つ白亜の建築群で構成され、その内装はしっくいの壁に木材の床、インテリアにとうや木綿など、現地の天然素材がふんだんに使われている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
アジアンホテル 最先端はアジアにあり!

週刊ダイヤモンド

夏休みの予定が決まっていなければ、「安・近・短」がそろうアジアのホテルがいい。日本では値上がりしている高級ブランドホテルもお得に泊まれるし、極上リゾートでは身も心もリラックスできる。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません