AKB人気の理由にアメリカ人投資家が迫る!

前回では、消費者の心をつかむポイントは「共感の返礼」だという話をしました。その最高のケーススタディは日本のAKB48である、とシリコンバレーの投資家、ベン・パーさんは言います。なぜAKBは他のアイドルグループ以上に「ファンとの強固なつながり」を維持できるのでしょう? スマッシュヒット中の新刊『アテンション』からお送りします。

なぜ日本人はAKBに夢中になるのか

日本のアイドルグループ「AKB48」がステージに立つと、何千というファンが恍惚となって歓声をあげる。シングル曲を発売するたびに、たちまちヒットチャートのトップになる。このグループは2009年以降、シングル曲が連続20作以上チャート1位を獲得している。(※2015年12月時点では連続29曲1位)

AKBの人気は、「人気がある」などと言うレベルをはるかに超えている。わずか8年間で、世界有数の売上を誇る音楽グループにのし上がり、2012年の年間総売上高は2億2500万ドルだった。

このグループがこれほどの人気を得たのはなぜか?

AKBは一般にイメージするような音楽グループではない。まず、リードボーカルがいない(少なくとも、長期にわたってグループに在籍するリードボーカルは)。また、メンバーの多くは、20代なかばになるまえにグループを「卒業」する。さらに、イーグルスやU2、ワン・ダイレクション、ブラック・アイド・ピーズ、アーケイド・ファイアを合わせたよりも人数が多い。メンバーは全員女性、80から95人ほどのメンバーを持ち、一般大衆向けのポップグループとして世界最大のギネス記録を有している。(※2015年12月時点で、非正規メンバー、姉妹グループを除いた正規メンバー数は約130人)

さらに、東京以外の場所に姉妹グループがあり、正規メンバーへの昇格をめざす研究生たちもいる。日本全国だけでなく海外へもコンサートツアーに出かける一方、東京・秋葉原にある本拠地の「AKB劇場でも毎日のように公演をおこなっている。だから、グループの謳い文句は「会いにいけるアイドル」だ。

「いちばん近いと思うのは、コアな野球ファンですね。大事な試合には何があろうと駆けつける」。芸能界の大物でAKBグループの生みの親、秋元康はウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューでそう語った。「AKBにも同じ感覚が持たれています」。

秋元が言うには、AKBのファンはたんにショーを見るだけでなく、好きなメンバーの歌やダンスがうまくなったとか、髪型が変わったとか、細かいところにも目をとめる。野球ファンと同じように、強い忠誠心と連帯感を示し、お気に入りの「選手」を懸命に応援するのだ。AKBの人気の要因は、アップビートで憶えやすい楽曲と、見た目の愛らしさと、凝った衣装にある。性的な対象としての魅力も要因のひとつではあるが、それは日本文化にかぎったことではない。彼女たちの人気の奥には、見た目や曲のよさだけでは説明できないものがある。

では、AKBをこれほどの人気グループにしたものはいったい何だったのか。

人はなぜ芸能人の「ファン」になるのか

メディア論が専門のトマス・デ・ゼンゴティタ博士によると、人は自身の個性や価値を映す人物に憧れるという。自分またはなりたい自分の代理として、ある人物、とくに有名人を愛する—ときに憎む—のだ。

「注意を惹くのに懸命なメディアを押しのけて目立つには、世間に好かれる有名人を持ってくるのが手っ取り早いんです。いわゆる、"私の価値"を映し出してくれる人を」。俳優のエイドリアン・グレニアーはぼくのインタビューに答えて言った。

「人々はますます、自分が選ぶもの、自分が注目するものによって自己表現するようになっています」。デ・ゼンゴティタ博士はつけ加えた。「有名人の世界に、さまざまな方向から自分を映す。まるで巨大な鏡のようにね」

自分の価値を体現してくれる有名人を見つけ、生身の人間として見るとき、人はその有名人とのあいだに強いつながりを築く。有名人と友だちになれるどころか、会うことすらほぼ不可能なのに、そんなことは気にしない。多くの人にとって有名人とのつながりは、たとえ一方通行であろうと現実で純粋なものに感じられる。このつながりの感覚が有名人の魅力の大きな部分を占める。だからAKBが大成功を収めたのだ。

AKBの根強い人気を保証する「パラソーシャル関係」とは
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アテンション—「注目」で人を動かす7つの新戦略

ベン・パー

ますます加速する超・情報過多時代。「アテンション(人々の注目)」を制す者が、夢も市場も手に入れる――。元マッシャブルの名物記者で、現在はベンチャー投資家として名だたるシリコンバレー企業に「注目コンサルティング」を行うベン・パーさん。日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon ベン・パー@benparr https://t.co/kDzOc0Nq9f いちばん近いと思うのは、コアな野球ファンですね。 大事な試合には何があろうと駆けつける。 Earthquake https://t.co/dPficNlojl 2年以上前 replyretweetfavorite

ultratkb "群衆が呪文のように唱えるチャント" 2年以上前 replyretweetfavorite

itaru9Z シリコンバレーの投資家がAKBの仕組みを解説する時代。「群衆が呪文のように唱えるチャント(MIX)」ていう記述に爆笑した 2年以上前 replyretweetfavorite