史上最悪のツイート炎上事件はなぜ起きた? 

SNSで炎上するのは、政治家や有名人だけと思っていませんか? 今回とりあげるのは2013年の「ジャスティン・サッコ事件」。フォロワー数200人の無名広報担当者による差別的ツイートが、SNS史上最悪の大炎上に発展したのです。ところが、事件のさなかに同様に人種差別的ツイートをした超有名コメディアンは、炎上をまぬがれました。何が2人の明暗をわけたのか? 話題の新刊『アテンション』からお送りします。

なぜフォロワー数200人のツイートが、史上最悪規模で炎上したのか

ジャスティン・サッコは、歳は30代なかば、数々のオンラインサービスを傘下に置くIAC/インタラクティブ・コープ社の広報部長として手腕を発揮していた。だが、広報のプロとしての経験も、ツイッターの世界の容赦ない攻撃から彼女を救ってはくれなかった。

2013年12月の金曜日、午前10時19分。南アフリカにいる家族を訪ねるため、ロンドン発ケープタウン行きの飛行機(フライト時間は11時間)に搭乗する直前、サッコはこうツイートした。

アフリカに行くところ。エイズにならないといいけど。なんてね、冗談よ。私は白人だもの!

サッコのこの悪趣味なジョークはあるブロガーの注意を惹き、そのブロガーはサッコのツイートについてひと言投稿した。サッコのフォロワーは当時200人程度だったが、フォロワー数が少ないからといってツイートが拡散しないとはかぎらない。互いにフォローし合っていることが多い有名ジャーナリストたちが、サッコのツイートに注目し、不信感を投稿しはじめた。そして各ジャーナリストのフォロワーがサッコとその不適切なツイートについてツイートしだすのに時間はかからなかった。

何分後かには、サッコを解雇せよという声が吹き荒れはじめた。「ジャスティン・サッコはクビだ。エイズになっちまえ」。あるツイッター・ユーザーは過激につぶやいた。〈バズフィード〉のようなニュースサイトも、問題のツイートが急速に広がる状況を記事にした。

炎上に気づかず、会社をクビに……

こうしたことすべてが起きているあいだ、本人のツイートは消されず残っていた。彼女は飛行機のなかにいて、自分を取り巻く大嵐に気づくことなく、のんびりとすごしていた。

サッコのツイートから7時間がたったころ、ハッシュタグ#HasJusineLandedYet(ジャスティンはまだ着陸していないのか)が急速に伸び、またたく間に国際的なトレンドトピックとなった。勢いづいたツイッター・ユーザーはサッコの乗った便と着陸予定時刻のわかるサイトをツイートした。1、2時間のうちに、女優のケリー・ワシントンから、機内インターネットサービス〈ゴーゴー・インフライト・インターネット〉、慈善団体エイド・フォー・アフリカまで、膨大な数の人が#HasJusineLandedYetをつけてツイートした。この慈善団体は抜け目なくJustineSacco.comを登録し、アクセスしてきた人を団体の資金集めページに誘導した。

みんなが知りたくてうずうずしていたのはただひとつ、「着陸したらサッコはどうする?」だった。その期待感は後戻りできないレベルまで高まった。

ジャスティン・サッコが着陸する時点で、ダメージはすでに回復不可能だった。本人がツイートを削除したところで、なんの解決にもならない。あるツイッター・ユーザーは、空港でサッコを探し出し、彼女の写真だけでなく、父親から叱責されている様子をツイートした。

#HasJusineLandedYetのついたツイートは24時間で10万を超えた。サッコの勤め先であるIACは、サッコを無神経さと良識の欠如を理由にただちに解雇した。

翌日、彼女はABCニュースに謝罪声明を出した。

 ここ(南アフリカ)は父の出身国で、私もここで生まれました。南アフリカとのつながりを大切に思い、何度も訪問してきました。私の発信で多くのかたがたに—南アフリカの皆さん、私の家族、友だちに—痛みを与えたと知り、本当に申しわけなく、後悔にさいなまれています。不快な思いをされた皆さまに心からお詫びいたします。

#HasJusineLandedYetにまつわる物語は、巻きこまれた人全員にとって不幸だった。サッコのツイートはたしかに悪趣味だったが、だからといって彼女が「殺すぞ」とか「レイプしてやる」という脅迫にさらされていいわけはない。

なぜ、もっと知名度のあるセレブの人種差別ツイートは炎上しなかったのか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「アテンション」を制す者が夢も市場も手に入れる時代がやってきた――。 成毛眞さん(元マイクロソフト社長/HONZ代表)も絶賛の1冊です。

この連載について

初回を読む
アテンション—「注目」で人を動かす7つの新戦略

ベン・パー

ますます加速する超・情報過多時代。「アテンション(人々の注目)」を制す者が、夢も市場も手に入れる――。元マッシャブルの名物記者で、現在はベンチャー投資家として名だたるシリコンバレー企業に「注目コンサルティング」を行うベン・パーさん。日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Q2PpOCnVlhMESN6 @udgots3 まだ誰もいいねやリツイートしていなかったので、それらをしておきましたが、あのジャスティン・サッコの顔写真を載せた方もいましたね。 https://t.co/7K1VQZJJnc 2ヶ月前 replyretweetfavorite

mochatarot11123 SNSの恐さではありますが、冗談でもこういう事は呟いてはいけないでしょう。 https://t.co/pTscHq1MQN 1年以上前 replyretweetfavorite

MY07Ichitoyo https://t.co/zHeSrQ4k0K スマホの安全講演会とか学校でよくあるけど、僕は是非この事件について話してほしい。というか授業で取り上げてほしいね。 この「どこでも・どこにでも・誰にでも」繋がれる社会でどう生きるべきか考えるきっかけになると思う。 3年弱前 replyretweetfavorite

syunsuke610 そんなことあったんだね まぁざまぁとしか言いようがないな 約4年前 replyretweetfavorite