共和党も使っている「世論誘導テクニック」とは?

トランプ氏の登場で注目を集める米大統領選。どこの国でも、選挙となれば国民の関心をひくために各党は手を尽くします。大衆の注目を誘導するそうしたテクニックの1つが「議題設定」。日本では“郵政解散”などのキャッチフレーズで選挙戦を制した小泉元首相が、議題設定の名手として有名ですが、米国ではどうなのでしょう。シリコンバレーの人気投資家ベン・パーさんによるベストセラー新刊『アテンション』からお送りします。

共和党も使っている、「世論を操作する言葉」とは?

1997年、共和党の名高い世論調査専門家フランク・ランツが、222ページの「爆弾」を落とした。「21世紀のことば」と題するその覚え書きは、自党の政治家が取り上げるべき話題から、有権者に言うべきこと、言うべきでないことまで、すべて網羅していた。

たとえばランツは、連邦政府を批判するときには「政府」ではなく「ワシントン」という単語を使うべきだと提案した(人々は一貫してワシントンとその怠慢を嫌っているが、地元の政府は好きだから)。彼はまた、党の下院議員が「遺産税」を「相続税」と呼ぶことを推奨した。世論調査によれば、遺産税と相続税は同一のものなのに、相続税のほうが不公平と考える大衆が10パーセントも多くいるからだ。ランツの2007年の著書『効き目のあることば』の副題にあるように、「大事なのは、あなたが何を言うかではなく、人々が何を聞くか」なのだ。

政治的なコミュニケーションに対するランツの取り組み方は有名だ。クライアント(おもに州や連邦の一流政治家)のために、定期的にフォーカスグループで調査し、何種類ものフレーズを試して、もっとも感情が伝わりやすいものを見つける。「(ジョージ・)オーウェル的」という単語を、自由社会の仕組みを破壊するという意味ではなく、簡潔明瞭という意味に定義し直すような極端な手法もときに用いる。共和党員は、ランツはすばらしい戦略家だと思うだろうが、民主党員なら、大衆操作の方法を駆使する悪党と見なしそうだ。

メディアも使っている「議題設定」テクニック

相手の思考のなかである話題を目立たせ、重視させて、その話題が出るたびに注意を払わせることを「議題設定」という。ここではっきりさせておきたいのだが、議題設定のために話の内容を操作するのは、フランク・ランツだけではない。どちらの党でも、というより、ほとんどあらゆる国のあらゆる政治過程でおこなわれていることだ。政治的な立場はともかく、ランツは、人々の注目をどこにどう向かわせるかという点について、単純なことばの置き換えにも劇的な効果があることを証明した。そういうことばをニュースの最初に持ってくることで、政治家は有権者の心に強い印象を残すのだ。

テレビをつけて、どこかのニュースチャンネルを見てみれば、毎日それが起きているのがわかる。CNN・ドットコムのサイトを開くと、ウクライナやタイでの暴動や抗議活動といった、グローバルな影響をもたらすニュースの代わりに、また何かをやらかしたセレブの逮捕がトップニュースになっていて、重要性に関する人々の認識が操作されている。それは自己実現的な予言だ—メディアがニュースにすればするほど、大衆はさらにくわしい情報を知りたがり、ニュース自体が結末を迎えるか、みんなが関心を失うまで続く。

「議題設定」は、人々の頭のなかにある特定の話題の重要性や顕著さを変えることだ。それをもっとも頻繁にやるのがメディアである。

2014年、ニュージャージー州知事のクリス・クリスティが、再選支持を拒んだ市長への腹いせにジョージ・ワシントン・ブリッジの車線を制限した。大渋滞を引き起こしたこの事件では、関係者のメールが公開されるなり、MSNBC(左派のケーブルニュース局)とCNNが142分間もの大々的な特集を組んだ。同日、フォックス・ニュース(右派のケーブルニュース局)はわずか14分30秒しか報じなかった。さて、どちらの視聴者がこの事件を忘れやすいと思います?

人は「同じウソ」を何度も聞かされると「真実」だと思ってしまう
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アテンション—「注目」で人を動かす7つの新戦略

ベン・パー

ますます加速する超・情報過多時代。「アテンション(人々の注目)」を制す者が、夢も市場も手に入れる――。元マッシャブルの名物記者で、現在はベンチャー投資家として名だたるシリコンバレー企業に「注目コンサルティング」を行うベン・パーさん。日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon ベン・パー@benparr https://t.co/56X5eeTyBc 真実性錯覚効果 Sean McArdle Kawakami https://t.co/i1RkGHxZur https://t.co/a383Tgx928 4年以上前 replyretweetfavorite

konpyu なるほど 4年以上前 replyretweetfavorite

Motochondoria ‥‥そんなこととっくに知ってしまっていました。 4年以上前 replyretweetfavorite

kaorinanko リアタイでフォロー返してもらった。 共和党って言葉で違和感感じる人も多いと思うけどwebマーケティングにも使えますよ。価値を売る人にぜひ! 4年以上前 replyretweetfavorite