大学SF研今昔

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! おりしも大学の合格発表シーズン、大学のSF研究会にまつわるあれこれについて語った「新SF観光局」の第5回を抜粋し再録します(SFマガジン2009年5月号より)。新入生諸君、SF研究会に入ってSFマガジンを読もう!

■川上弘美とお茶大SF研

 第一四〇回の直木賞の選評を読むべく〈オール讀物〉2009年3月号を購入したところ、「女子大生が作家になるまで」と題する、柴門ふみ、川上弘美、土屋賢二(お茶の水女子大学文教育学部人文科学科教授)の「お茶大同窓座談会」を発見。どれどれとページを開くと、のっけから、お茶大の漫研に手塚治虫が来たとき(1975年)の思い出からはじまり、漫研を創設した“Y田さん”(湯田伸子)の話を経て、柴門ふみが「Y田さんが描いた部員募集のポスターを見て電話したのが漫画家へのスタートだった」と語ったのを受け、今度は川上弘美(芥川賞選考委員)のSF研話がはじまる。以下、SFがらみの話を中心に抜粋。

川上 私もY田さんの「きたれ、SF研究会」というポスターでSF研に入ったんです。Y田さんは漫研とSF研の部長を兼ねていたから。(中略)でも、SF研には部員が私とY田さんしかいなかったので(笑)、私がいた生物科からあと三人入ってもらって、三人がまた人を集めて……。(中略)で、漫研の「ばるぼら」を刷っていたのと同じ印刷所で、私たちもSFの同人誌を出すようになったんです。

柴門 部室も漫研とSF研の共同でしたね。たしか曜日で分けて部室を交互に使っていたけど、たまに重なるときもあって。

川上 でも、あそこ、漫研の人はあまり使ってなかった記憶があります。いつもSF研が暗ーく集まって、「モスラ」や「ゴジラ」の話をしてた(笑)。(中略)
 そのころは、あんまり恋愛方面には熱意がなかったんですねえ。オタクだから(笑)。ほかの大学のSF研の男子たちと合同合宿[大森注・関大連(関東大学SF研連絡会議)合宿のことか]をした時だって何をするかというと、一晩中、アニソン(アニメソング)をガーッと歌う。

柴門 えーっ、当時から?

川上 すごくいやでしょう? アニソンそのものだけじゃなくて、替え歌をつくって歌う(笑)。第一回目からコミケにも参加していたし。(中略)コスプレもした、主催者側から頼まれて。(中略)

柴門 結局、漫研とSF研が文学クラブみたいになってましたよね。漫研もずっと文学についてしゃべってたんですよ、マンガじゃなくて。

 お茶大SF研は、川上弘美以外にも、松尾由美、伊東麻紀、阿部敏子、東茅子、野田令子など多数の人材を輩出したことでつとに有名。というか、昔は活字SF系のイベントにやってくる女性SFファンはごく少数で、そのうちの最大派閥がお茶大SF研だった。結果的に(?)SFファン男子(主に大学SF研出身者)とのカップル成立率も高く、私の知り合いだけでも五組を超えるファンダム結婚が誕生している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba SFファンダムと『おたくの起源』  3年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 【cakes更新です】 大森望氏によるSFマガジン誌上の人気連載、cakes出張版! 3年以上前 replyretweetfavorite