ロブスター』 独身やめますか、人間やめますか

ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が、恋愛及び結婚を一風変わった設定で描き出した話題作『ロブスター』。独身のままでは、人として生き続けることが許されない世界で起きる不思議なやりとりの数々。ブロガーの伊藤聡さんが、この悲しくもおかしい情景を描く作品を論じます。

結婚相手が見つからなければ、強制的に動物にさせられる絶望の世界。意外性のあるモチーフで話題をさらった映画『ロブスター』は、第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。監督は、ギリシャの映画作家ヨルゴス・ランティモス。日本ではまだ知名度の低い監督だが、評価は高い。本作のヒロインである人気女優レイチェル・ワイズも彼の才能に惚れ込み、みずから出演を希望したという。

作品の舞台となるのは、現代もしくは近未来の架空の土地だ。独身であることが禁じられた社会。独身の男女は人里離れたホテルに監禁され、45日間を共にすごすよう強制されるのだ。期間内に伴侶となる相手が見つからなかった場合、動物にさせられる。ある日妻から離婚を言い渡された主人公は、独身者の集まるホテルへ連行されてしまうのだ。彼は、今後も人間として生きていけるかどうかを賭け、期間内のカップル成立を目指して奔走する。主演は、『ニュー・ワールド』(’05)『マイアミ・バイス』(’06)のコリン・ファレル。

婚姻が義務化した社会で、登場人物たちは恋愛に欠かせないはずの情熱を完全に失っている。考えてみれば当然のことだ。恋が実らなければ動物にさせられる世界で、誰が情熱など抱けるだろうか。そのため彼らの求愛行動は、おのずと生気を欠いたロールプレイにならざるをえない。ホテルに集められた男女の行動は、「かつて世の中には『恋愛』という酔狂な風習があったらしい」という考古学の実践のようである。バンド演奏にあわせて踊る男女のぎこちない足取りが虚しい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Castella_Bangla この映画がちょっと気になってる 1年以上前 replyretweetfavorite

GellryYip 別に。一人で生きて死んでいく人だっていていいと思う。 これおもしろい https://t.co/fovaJC1eSh 1年以上前 replyretweetfavorite

hwkfldfrtn ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が、恋愛及び結婚を一風変わった設定で描き出した話題作『ロブスター』 1年以上前 replyretweetfavorite

5tateyokousiro5  自分用メモ 1年以上前 replyretweetfavorite