ハミ出る思い

通学路のエロ本、それは無慈悲な罠

昭和のあのころ、なぜか橋の下には大量のエロ本が落ちていた。僕は1冊拝借すると、通学路に開いて置き、物陰に身を隠す。そう……これは無慈悲な"罠"なのだ。クリエイターのエージェント業を行う「コルク」と、cakesの姉妹サイト「note」のコラボ企画「コルク×noteマンガコンテスト」の入賞者、仲曽良ハミさんの連載です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハミ出る思い

仲曽良ハミ

昭和の終わりに小学生だった、あの日の僕たちの物語。お小遣いは30円で、ファミコンは買ってもらえなくて、担任の先生は面白くないギャグを飛ばしていた。だけど、そんな毎日が最高に楽しかった。著者・仲曽良ハミさんが、自身の子ども時代を振り返っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 形を変えつつ、いくつになってもこの程度のトラップにハマるのが男ってもんよw 約3年前 replyretweetfavorite

c_manami_001 とんだ悪ガキ(笑) 3年以上前 replyretweetfavorite

SiouxsieQ5 !|仲曽良ハミ @nakasorahami ハミさんの絵カワイイ✨ https://t.co/caC7XGCCYv 3年以上前 replyretweetfavorite