第3回】業界ごとの将来年収を大公開 「晴れ」の介護に「雨」の証券(2)

本誌が独自試算した5年後平均年収ランキング。上場3255社を98業種に分け各業種の詳細を見ていくことで、より伸びる「晴れ」の業界が浮かび上がってきた。

【製造業】
年収減の電機を尻目に
節電対応で躍進する企業

 2011年度の決算は、ソニーやパナソニック、シャープが3社で計1兆6000億円もの赤字を垂れ流した。露呈したのは、自社内で一貫した製造を手がける垂直統合モデルの崩壊であった。

 今後は米アップルなど自社の製造部門を持たずに「頭脳」だけで勝負する企業が増えそうだ。いわゆるファブレス化である。

 すると、本社の管理部門のスリム化が進み、従業員の削減には拍車がかかるだろう。実際、パナソニックもいよいよ本社の人員削減に手を付けそうである。

 他方、海外への工場進出は加速することになりそうだ。大手だけではなく中堅メーカーも同様の傾向。そのため「海外工場長や海外支社長経験者のニーズが高まっている」(業界関係者)のだ。

 「オリンパスや三洋電機の人材流出が顕著」(同)などと大手メーカーが軒並み停滞する中、浮かび上がった日立製作所の存在感は大きい。注力した社会インフラ事業が当たり、なんと過去最高益を2年連続で更新。黒字事業ながらもハードディスク駆動装置製造子会社を売却するなどその経営手腕に注目が集まる。好業績が続けば当然、年収も増えていきそうだ。

 自動車関連産業はリーマンショックやタイの洪水被害などの影響で回復がもたついている。総じて状況は芳しくない。

 そうした中、収入アップが見込めそうなのが表1‐7、1‐8、1‐9に示す企業である。リーマンショック前の4期前と比べ平均年収が7%増の739万円になった、ブレーキ製造の曙ブレーキ工業の姿がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
給料と仕事 将来比較【Part 1】年収が上がる業界・企業

週刊ダイヤモンド

就職先や転職先を選ぶとき、あなたは何を基準にするだろうか。仕事に対する向き不向き? 社会的なステータス? もちろん働きがいもあるだろうが、最大の関心事は「仕事」と「給料」の将来ではないだろうか。とはいえ簡単にはわからない。そこでこの連...もっと読む

関連記事

関連キーワード