今井絵理子はやっぱり当選するのか

今回のテーマは、夏の参院選に出馬するSPEEDの今井絵理子。先日の自民党大会では「君が代」を独唱し、その勢いを強めていますが、一方でどんな層が彼女に投票するのか、いまいち掴めないという意見も。結局、最終的に無党派層の票が集まっていくという武田砂鉄さん、その理由を考えます。

自民党大会での「君が代」独唱

夏の参院選に出馬するSPEEDの今井絵理子は、早速、自民党の党大会で「君が代」を独唱した。清々しいまでに露骨なブッキングである。映像で確認したが、そもそも音域は広くなく声量もさほど無いので、なかなか厳しい仕上がりだった。

以前、音楽雑誌のコラムのネタとして、様々な歌手がスポーツの試合前に歌う「君が代」独唱を考察すべく50本近くの動画を見たのだが、最も厳しい出来だと感じたのは、2011年の男子サッカー「日本vs韓国」(キリンカップ)での、Aqua Timez・太志だった。高音だが音域の狭い人が、出だしから高音で入ってしまうと、どうしても「いーしーのー」辺りで限界点を超えて不安定になってしまう。キーを下げて歌う歌手も多く、音域が狭く声量も豊富ではない倉木麻衣のように、自分の音域を推し量れる人のほうが、最後まで聞き通すことが出来る。

今井は今回の独唱を、Aqua Timezよろしく、出だしから高音で入ったものだから、後半とっても苦しくなっていった。思い起こせばSPEEDの楽曲では、極端にキーが高くなる部分の殆どを島袋寛子が歌っていた。その音域と声量の差は、それぞれのソロ活動、hiro、Eriko with Crunchの楽曲の特性としても表出していたが、今回のキーは、島袋でなければ歌いこなせない高さだった。

「飾りのないシンプルなパンプス」

去年の夏、島袋と結成したユニットERIHIROでは、流行りのEDMを盛り込んだ楽曲で「『いろいろあるけど、たまにはハジけてもいいよね』っていうメッセージを伝えたい」(SPA!)と述べていた今井。それからわずか半年で、出馬会見に臨む様子を「白いセットアップスーツに、飾りのないシンプルなパンプス。耳元や胸元にアクセサリーはなく、ダンスでなびかせていた長い髪はすっかり短くなっていた」(産経新聞)と書かれるなど、脂っこい上司に査定されるような筆致を受け止めていることには驚きがある。

同棲状態にある男性が逮捕歴(不起訴)を持っていることがネガティブに伝え広まっているが、彼女はその本人ではないので、何かの決定打として引っ張る題材ではない。彼氏に逮捕歴があるからダメの後に、でも、息子さんの障害と寄り添ってきた経験を活かして政治の世界へ、が被さるならば、その両題材とも、使い方を間違えている気がする。

「疲れたBody」はバディーかボディーか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tt_highbridge バディーのくだり、年代一緒だからわかるなー。久しぶりにクスッと笑った。砂鉄さんのこういう「クスッ」と笑わせる感じ大好き。 3年以上前 replyretweetfavorite

Pizzae_a バディかボディか。→ 3年以上前 replyretweetfavorite

megu_zida 今から気になる彼女の当選について鋭く考察。同世代の筆者だから書ける白眉な評論。特に『「ボディー」なのか「バディー」なのか?』は、そのことを自然と消化していた"ワタシ"たちを省みる意味でも必読の内容です。 https://t.co/t9yBrbVQOW 3年以上前 replyretweetfavorite

Shimanatee なんだか珍しく文章の歯切れが悪いような。 おそらく同世代の身としては、残念感ハンパなさが日々募るので、なんとなく気持ちがわかる。ような気がする 3年以上前 replyretweetfavorite