第4回】サプリ先進国・米国事情 &不安につけ込む悪質「放射能サプリ」のデタラメ

最先端コラム2本を掲載。一つ目は、日本人が見習うべき点も多々あるサプリ先進国・米国の現状レポート。続いて、福島第1原発の事故以来、次々と登場している「放射能対策サプリ」の実態を暴く。

【Column 1】
健康食品は食事の一部!
サプリ先進国・米国事情

 特に何の病気もしていないのに、食事の最後には手のひらに山盛りのサプリメントを平らげる。サプリ先進国・米国に行って、こんな光景に驚く日本人は少なくない。ドラッグストアのみならず、スーパーマーケットでも、自然由来のハーブやビタミン・ミネラル類が所狭しと並べられている。

 値段はピンキリ。1カ月分1ドル50セントという激安サプリから、30ドル、60ドルするものまでさまざまだ。市場規模はおよそ10兆円とも言われている。

 米国のサプリ事情に詳しい日本ニュートリション協会の一楽智也理事長は、「ホットドッグやピザといったジャンクフードばかり食べるなど、食事事情がよくないことに加え、健康保険に加入できない人も多く、病院に行くと大金がかかる。そのため、病気にならない努力が浸透している」と話す。

食事事情の悪さと高額医療費のため、米国人の多くはサプリを欠かさない。知識も熱心に取り入れる。Photo:アフロ

 関節痛のため、ダイエットのためなど、不調解消目的で健康食品を摂取することの多い日本人とは違い、食事だけでは不足する栄養素を補充し、健康を保つ、という考え方なのだ。子供の頃から、栄養素やハーブに対する知識を親などから聞かされて育つため、「風邪をひいたらハーブを買い、薬のように飲む人も多い」(一楽理事長)。

 知識の乏しい日本人はハーブを長期間だらだら飲んでしまうが、ハーブの中にはかなりシャープな効き目を持つものもある。正しい知識を基に、服用期間をきちんと区切る飲み方は、日本人も見習うべきだろう。

 ここ数年ブームとなっているのは、ピザや牛乳、アイスクリームなどにビタミンやミネラルが入った機能性食品。横ばいとなっているサプリ市場に代わる成長市場となりそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
飲む前に読む 健康食品・サプリのウソホント【2】~健康食品・サプリの誤解

週刊ダイヤモンド

宣伝文句をうのみにし、医薬品と同じ効能を期待したら大間違い。私たちが日々口にしている健康食品は、誤解だらけだ。※この連載は、2012年11月24日号に掲載された特集を再編集したものです。(c)Anna Merzlyakova/123R...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません