オチビサン歳時記

二十四節気 〜二十四節気は瞬間であり、期間でもある!?〜

寒い日と暖かい日を繰り返しながら、
季節は春本番に向かっています。
豆粒町でも、いろんな生きものが冬籠りから目覚めているようですよ。
まさに、二十四節気の「啓蟄」ですね!
そういえば、オチビサンの公式アプリ「オチビサンの二十四節気 水彩ぬりえ」は
もう手に入れましたか?
今回はそれにちなんで、二十四節気のお話です。

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨……と、1年を24に区切った二十四節気。何を基準に分けられているのかをご存知ですか? それは、太陽の動きです。地球は、太陽の周りを1年でひと回りしています。

地球から見た、太陽が移動していく天球上の道を「黄道」と呼びますが、二十四節気は、黄道上のどの位置に太陽があるかによって、1年を24の区分に分けたもの。昔の人々はこの区分を、季節を知る手がかりにしてきました。

なぜ、カレンダーでは用が足りなかったのでしょう。昔の暦は、現在の太陽暦と違い、月の満ち欠けをもとに作られていました。新月から満月へ、そしてまた新月までの約29.5日がひと月だったので、1年は約354日になり、月日と季節がずれてしまうのです。季節の移ろいは月ではなく太陽との位置関係で決まるのですから、当然ですね。この不便をなくすために考えられたのが、太陽の動きをもとにした二十四節気だったというわけです。古代中国で生みだされた知恵でした。

二十四節気は、天気予報などで耳にするように、「きょうは啓蟄です」などと、1日だけをさすことが一般的です。でもじつは、決められた位置を太陽が通過する瞬間であり、期間の意味もあります。例えば2016年の啓蟄は、瞬間的には3月5日の12時44分でした。そして、期間としては、3月20日の「春分」の前日までが、啓蟄という季節区分にあたります。豆粒町も、今が啓蟄のまっただなか。土があたたまって、眠っていたへびくんも目を覚ましたのですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません