トランプ逃げ切りなるか? 勝者総取りでにぎわうミニスーパーチューズデー

2016年はアメリカ合衆国大統領選挙の年! スーパー・チューズデーの後、「勝者総取り」が多い、3/15の「ミニ・スーパー・チューズデー」が、また新たな基点になるそうです。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

3月1日に終わった「スーパーチューズデー」は有名だが、明日15日(日本時間は16日)の「ミニ・スーパーチューズデー」は、結果次第では勝者がほぼ決定するかもしれない。

とくに、今年の選挙は、いつ何が起こるかわからない混乱状態なので目が離せない。

まず、15日に選挙が行われる州と代議員の割当数を見てみよう。 民主党は得票率によって代議員を振り分けるが、共和党では、州により「勝者総取り(Winner-take-all)」というシステムがある。
15日のフロリダ、イリノイ、オハイオ、北マリアナ諸島は「勝者総取り」の州であり、とくにフロリダとオハイオが注目されている。


3月15日に行われる予備選 ※黄色地部分は「勝者総取り」

共和党はトランプの逃げ切りなるか?

「トランプにハイジャックされた共和党の奥の手」にも書いたが、共和党エスタブリッシュメントはトランプ大統領の誕生をなんとしても阻止しようとしている。だが、トランプが代議員の過半数を確保したら嫌でも「共和党の指名候補」として認めなければならない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nest1989 渡辺由佳里さんの最新記事出てた。「 1年以上前 replyretweetfavorite

HAL909 興味深い記事です 1年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 私はここで「イリノイとミズーリは接戦でサンダースの勝利になる」と予測しているけれど、さて結果はどうか? 1年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 予想通り、ミズーリとイリノイは接戦。ミズーリは現時点でサンダースが僅かにリード。 1年以上前 replyretweetfavorite