ガラスの靴を探して

バレンタイン間近、詩人の文月悠光さんのもとに、一枚の招待状が届きました。エステサロンに招かれた文月さんは、ドキドキしながらその世界に足を踏み入れます。素敵な香り、かわいいインテリア、綺麗なお姉さん……扉の向こうにはお姫様になったような甘い世界が広がっていました。そこで初めて向き合った本当の気持ちとは。〈臆病な詩人〉は鏡の向こうに何を問うのでしょうか。

 詩の原稿をブツブツ唱えている私に、男性ディレクターが頭をかいて話しかける。

「もうすぐバレンタインっすねえ」
「はあ……。そうみたいですね」

 二月のある日、私は乃木坂にある番組制作会社のスタジオにいた。ラジオ局J-WAVEの番組内で、書き下ろしの詩の朗読のコーナーを持っている。今日はその収録日なのだ

 ディレクター氏は思い出したように「ふづきさんにこんなものが届いてました」と、角が尖った立派な封筒を差し出した。怖い手紙だったらどうしよう、と思い、その場でバリバリと封筒の糊を引き剥がす。
 これは……! 私は舞踏会の招待状をゲットしたシンデレラ嬢さながら、輝く瞳でディレクター氏を見上げた。

「手紙、なんでした?」
「……エステサロンのチケットみたいです」
「は、エステ?」
「酵素ふぇいしゃ……フェイシャル、ベーシック、トリートメント60分……」

 以前、1月25日の美容記念日に寄せて「うつくしい生活」という詩を書き下ろした。詩の朗読を聴いたエステサロンの方が、なんとチケットを送ってくれたらしい。同封の便箋に、きれいな字で詩の感想が綴られていた。
 化粧はたまにアイラインを引く程度。気まぐれに鏡を見て、思い出したようにリップクリームを塗る……。そんな美意識の低い生活を送る私には、エステで何が行われるのか、まったく想像がつかない。

 バラの絵が描かれた華々しいチケットには〈日本で一番古い美容院〉というコピーと共に、六本木ヒルズ内のエステサロンの名前が記されている。
 バレンタインデーも忘れるほど枯れた日常の中、突如、六本木のエステサロンの門を叩くことになった。バラ色のチケット。これは私にとって、シンデレラのお城の舞踏会に匹敵する大事件だ。

キレイなお姉さんはお見通し

「普段、お手入れはどんなことをされていますか?」

 私が記入したアンケートを見ながら、白い施術着姿のキレイなお姉さんが問いかける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ecarlate_flora |文月悠光 @luna_yumi |臆病な詩人、街へ出る。 可愛い人。。*° https://t.co/jStT05TUXT 12ヶ月前 replyretweetfavorite

maimnichi_huku 私には、あの子ともこの子ともちがう、私だけの美しさがあると信じたい。 https://t.co/ouzFv0RWl3 約1年前 replyretweetfavorite

poemhori >「きれいになりたい」と願うことすら躊躇してしまう。 痛いほど共感した。最近ちょうど気づいたの、見た目を整えると大抵のことは堂々とできるような気がしてくる。 1年以上前 replyretweetfavorite

sharuka0 ガラスの靴、誰だって履いてみていいんだよなあ。履く勇気と自信。 1年以上前 replyretweetfavorite