女とワインは、熟すほど旨い。フランス人の人生哲学

お花見に歓送迎会と、お酒を飲む機会が増える季節、春。今回は、フランスのビストロのなかをのぞいてみましょう。意外と知られていない、フランス流の乾杯のルールや、本場のボージョレ・ヌーボー解禁時の様子など、ワインを通して見えてくる、フランス人の心の奥深くに迫ります。

日本では、そろそろ桜の開花情報が気になるころでしょうか。今年暖冬だったフランスでも、気の早いマロニエの木の新芽がはち切れんばかりにふくらみ、春を待ちこがれています。

お花見の席だけでなく、送別会や歓迎会など、お酒を飲む機会が増え、新しい出会いや別れの季節でもある春。

今回は、フランス人の生活とは切っても切れないお酒「ワイン」を通して見えてくる、フランス人の人生哲学についてご紹介します。

フランス式、乾杯のお作法

まずご紹介したいのは、日本では意外と知られていない、フランス式の「乾杯」についてです。

日本だと、その場に集まった全員がグラスを宙に掲げ、いっせいに乾杯するのがメジャーですよね。ところがフランスでは、必ずその席に居合わせた全員が、一人一人と乾杯をします。

そうなると当然、乾杯ラッシュがおきるわけですが、ほかに乾杯中のペアがいるときに、別のペアがその腕の上を交差して乾杯するのはマナー違反。

さらに、絶対に忘れてはいけないのは、「乾杯する相手と必ず目を合わせる」ということです。日本人の私はいまだに慣れず、なんだか照れくさくてムズムズしてしまうのですが、恥ずかしがらずにがっちりと視線を合わせなければいけません。

フランスでは、これをしないと「7年間いいセックスができなくなる」という言い伝えがあるほど、乾杯時に目を合わせないことはタブーとされているんです。

「いいセックスができない」にみる人生哲学

私がこの言い伝えなるものを聞いたのは、まだフランスに来たばかりのころだったので、「またまた〜。フランス流の、飲みの席での小ネタでしょ!」と笑って流していました。

しかし、その後フランス人について深く知っていくにつれ、だんだん「これはフランス人のコミュニケーションの在り方を、ずばり言い表している言葉だな」と思うようになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cathy2471 乾杯って奥が深い… https://t.co/mtga3wmh0H 1年以上前 replyretweetfavorite

ucotton フランス式乾杯の作法、正にところ変わればで面白い:)  1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/FpBT9SR8LY 乾杯の時に相手の目を見なければ、7年間いいSEXができない。 女性は年を重ねるごとに魅力が増す。女性としての本当の魅力は、歳を重ねるほど深まってゆくもの。 1年以上前 replyretweetfavorite