第3回】食品であって薬ではない! 飲む前に読む基礎知識

一口に健康食品といっても、その定義は極めて曖昧だ。食べ方次第では健康被害に及ぶケースも少なくない。正しい知識を身に付けて、冷静な判断で利用してほしい。

 「それで先生……、結局私はどんな健康食品を取ればよいのでしょうか?」

 ある病院で糖尿病患者を専門に診ている医師は、10年ほど前からこんな質問をされることが多くなったという。それも、聞かれるのは「薬を処方し、効能や飲み方を説明した後」だというから驚く。薬を処方しても、「健康食品に薬“以上”の効能を期待する患者が増えている」と感じている。

 確かに、健康食品は医薬品と違って処方箋なしで買うことができるだけに、安易に手に取りやすい。病気を治したいという気持ちが強ければ、なおさらだろう。

 だが、実は健康食品と医薬品には明確な違いがある(図1‐1参照)。

 例えば、医薬品は病気の治療に用いられるため、医師・薬剤師の管理下での使用が大前提となる。薬は効果が強いため、“害”にもなりやすいからだ。

 一方、健康食品はあくまでも健康な人が、足りない栄養素などを補う際に利用するもの。成分や製品の選択は、個人の判断に委ねられているのだ。

 さらに、品質管理の基準も大きく異なる。医薬品は、薬事法の下、GMPと呼ばれる品質管理基準で徹底的に管理されているが、健康食品には医薬品のような規制はないため、品質が一定である保証はない。

 最大の違いは、効能・効果をうたうことができるかだ。医薬品は、厳しい審査と厚生労働大臣による製造販売承認を経て、効能・効果をうたうことができる。だが、食品は基本的にそうした表示を許されていない。

 つまり、私たちが日々スーパーや薬局で見かける「健康によい」として販売されている健康食品は、「どんなに“効き目”をうたっているように見えてもあくまでも食品」(厚労省)。法的な規制も一般食品と同じ。つまり、買う側も医薬品のような効能・効果を期待してはいけないというわけだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

飲む前に読む 健康食品・サプリのウソホント【2】~健康食品・サプリの誤解

週刊ダイヤモンド

宣伝文句をうのみにし、医薬品と同じ効能を期待したら大間違い。私たちが日々口にしている健康食品は、誤解だらけだ。※この連載は、2012年11月24日号に掲載された特集を再編集したものです。(c)Anna Merzlyakova/123R...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません