​女性らしさを利用する

「女性らしさ」という言葉を聞くと、眉をひそめてしまう女性の方は少なくないと思います。しかしまだまだそんな「らしさ」を求めている男性は少なくありません。だったらその「らしさ」を利用してしまおうと、bar bossa店主・林伸次さんは言います。「女性らしさ」の使い方とは?

モテる女性が気を使っているポイントは?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある女性が挨拶をする時、首をチョコっと横にかしげるということに気がつきました。

わかりますか? 普通、僕たち日本人は「はじめまして」とか「おつかれさまでした」とかいう挨拶の時は、頭を下げる「おじぎ」をしますよね。でも、その彼女は「こんばんは」の時にも「ごちそうさま」の時にも、首を横にかしげるんです。

これはおじぎじゃないので、視線が合ったままで少しだけ笑顔を見せるんです。不思議に思って、「それって男性受けを狙ってやってるんですか?」と聞いてみました。

すると「もちろんです」とのこと。ちょっと、すごいですよね。その彼女、そこまで美人というわけではないのですが、すごくモテるんです。それで、どうしてそんな作戦をするにいたったかを教えてもらいました。

「私、前から『女性っぽくてお嬢さまな雰囲気の人が男性にモテるんだな』っていうことに気がついていて、周りのそのタイプの女性を観察して真似することにしたんです。決して難しくないんですよ」

彼女が挙げたお嬢さま風に見せるポイントはこんなものでした。

1.髪の毛を長くする
「基本的に髪はロングの方がモテるんです。たまに『ショートカットの女性が好き』っていう男性もいるんですけど、その男性も別に『ロングの女性が嫌い』ってわけじゃないんです。確率的に長い髪の方がモテるんです」

2.常にスカートをはく
「スカートしかはかないって決めてしまえば、男性からの印象が『女性っぽい人』というふうに固定されるんです」

3.常にヒールのある靴をはく

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

skbluegreen 面白かった。「異性を好きなるって何だろう?」と同時に「自分らしさ」とか自分の価値基準を考えるきっかけにもなるね。モテを優先して女性らしさを演じるのか、自分を優先するのか。[ 約3年前 replyretweetfavorite

himenomico 「それって男受けを狙っているんですか?」って聞いたハヤシさんが好きです。 約3年前 replyretweetfavorite

sebasu_zip 女性らしさを利用する|林伸次 @bar_bossa https://t.co/OeyF3lFVwj 約3年前 replyretweetfavorite

Hiroki_Kikuta これちょっと面白かった。 アップルⅡ日本に初上陸、「禁断の林檎」の”密輸”の方法 https://t.co/7osQOWNltU 約3年前 replyretweetfavorite