中国5000年の女装の歴史!? 女装少年軍団の怪【前編】

儒教による厳しい性の規範にがんじがらめにされた印象のある中国。しかし、歴史をひもとくと孔子様の目をかいくぐり、男ながら化粧をして裙(スカート)をはいた服妖、服装の妖怪たちで満ちていた!?明代、女装少年たちを率い名家の子女を手籠めにし続けた美少年桑沖が見た夢とは!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

女装する美貌の少年たち

前回は日本の女形を取り上げたので、今回は中国の女装する男子「服妖」をテーマにしたいと思います。服妖とは服装の妖怪を指します。

儒教の国、中国は性的規範が強く、男の着るべき服、女の着るべき服が、近代以前ははっきりと規定された国でした。

漢代の災害や異変とその解釈を記した『漢書・五行志』には、

「風俗が乱れ、節度がはきちがえられると、奇怪な服を着るようになる。だから、服妖が起こるのだ」

とあり、宦官などの例外をのぞき、男女のジェンダーが乱れることは亡国の兆しとされ、厳しくいましめてきました。わたし達は学校でよく服装の乱れは心の乱れなど教えられてきたものですが、中国では服装を乱すものは妖怪、モンスターの類とされていたのです。

たとえば、晋の恵帝の時代、婦人のアクセサリーとして、兵器をかたどったものが流行ったことがありました。このことを、政治家かつ怪異小説家であった干宝(かんぽう)は評して、

「男女の別は、国にとって大事な節度である。……今、婦女なのに、武器をアクセサリーにしているのは、婦人妖のはなはだしいものである。かくして、ついには賈后(かごう)の事件が起きたのである」

と、後に亡国のきっかけとなった政変の前兆としています。

しかし、中国は、マジシャン引田天功の如く、自分で課した鎖や足かせを、自分で何とかして解き逸脱するのを楽しむ国でもあります。

例えば、三国志で有名な曹操の養子であった何晏(かあん)は、色白な肌をした美男子で、白粉を手放さず、女物の服を着て、手鏡を取り出しては自分の姿を映して、ウットリしていたと言います。

また、六朝時代、江南を支配した梁朝が全盛のころは、貴族の子弟たちは学問もせず、着物に香をたき込め、顔はそり、白粉と紅で化粧をしないものはいなかったそうです。

また、ライバルの北朝も似たようなもので、北斉の初代皇帝、文宣帝・高洋は帝位をうばった前王朝の王室につらなる美貌の彭城王・元韶(げんしょう)のひげをそり、念入りに化粧させて寵愛したと言います。ちなみに、文宣帝は「快刀乱麻を断つ」の語源にもなったほど有能な人でしたが、同時に残忍なサディストで、元韶の讒言(ざんげん)を聞いて、前王朝の一族郎党を皆殺しにしてしまいました。

このとき、奇怪なことに元韶自身も、絶食して自殺しています。女装させられた身で、己が一族を滅ぼすことを進言し、自らの命も絶った服妖の美男子の心中はどのようなものだったでしょうか?

中国明代の陰間茶屋「長春宛」!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

reddish_plum 面白い!悔しいけど、この本買って読みたい。 約4年前 replyretweetfavorite

Nuwa_150 この、負けた王朝の王を女装させて弄んだくだり素晴らしく萌えるな!!??いいなこれ!!?王様だったのに愛人にされて辱め受けるなんて、ほんとやばいくらい萌えるね 約4年前 replyretweetfavorite

otankousagi この桑沖の門人?の話が『聊齋志異 巻十二 人妖』。これを読むとネタバレです。桑沖の末路が分かってしまうので。 約4年前 replyretweetfavorite

BON_BisexuaL 読み手を一気に耽美の世界へと引き込む 黒澤はゆま先生というレジェンド 今回 特にたまらん…早く続き読みたい… |黒澤はゆま @hayumakurosawa https://t.co/ph8kb7lltu 約4年前 replyretweetfavorite