なでksジャパンのアイドル桜梅桃李

幸せを運ぶ仲良しアイドル・嵐が起こした革新

取材という名目で時には遠足も兼ねてしまう「なでksジャパンのアイドル桜梅桃李」。今回は次女・竹中夏海さんが執筆を担当します。「メンバー同士はライバル」のイメージが強かった初期のモーニング娘。や、「メンバー同士仲良し」な嵐のアイドル性の高さを紐解きつつ、なでksでおなじみ仲良しコンビ、長女・二宮なゆみさん、三女・小口百桃花さんの「なゆもも」珍道中をお届けします。

「仲良し」がアイドル性の鍵

どうも、なでksジャパンの威圧感担当・次女の竹中夏海です。

なでksジャパンは日々アイドルを愛で、お茶の間からエールを送っていますが、「KSDD界のなでしこJAPAN」を自称する割に好きなアイドルの条件はまぁまぁあります。その中で、おそらく全員共通して好きなポイントは「仲良し」という部分です。仲良しはさぁ、いいよぉ。 ※ KSDD:「クソディーディー」と読み、KSは「クソ」、DDは「誰でも大好き」の略。特定のアイドル一人を推すファンから、蔑称を込めてKSDDと呼ばれていたが、現在では当人たちを含め幅広い層に使われている。

仲良しというだけで、おじさんでも犬でも政治家でも、その人のアイドル性が最大限開花すると思いませんか。RIP SLYMEもさまぁ~ずもバナナマンも、そのジャンルでアイドル性が高いとされてる人たちって結局はみんな、仲良しということに尽きると思うんです。

私のイチ推しインスタグラム、bob_marley_goldenretrieverのアカウントをご覧ください。ゴールデンレトリバーのbobとハムスター、そしてたくさんの小鳥が仲良く共同生活することで有名になったアカウントですが、子犬のmarleyが最近仲間入りしてね、この2匹がすんげえ仲良いの。小鳥やハムスターと一緒にいる時は悟りを開いた表情のbobが、marleyと2人きりになると安心して急に犬っぽい顔するところがたまりません。

あとはネットで「安倍晋三 麻生太郎」で画像検索してみて下さい。そこには幸せが待っている。

私の場合、いわゆるBL的見解などはできないのですが、ただシンプルに誰かと誰かが仲良しというだけで魅力が倍以上になるのは、まさにグループアイドル的と言えますね。

ASAYANが生んだ「メンバー同士がライバル」というアイドル観

でも仲良しとアイドル性はイコールで直結するのに、「アイドルグループのメンバーが仲良しなこと」がいいこととして世間に認知されたのは、ここ数年な気がします。一体なぜでしょう。

それは、2000年代まで私たちの中であまりにASAYANの印象が強かったからではないでしょうか。

テレビ東京で1995年から2002年まで放送されていた『ASAYAN』は、「夢のオーディションバラエティ」として社会現象を起こすほどの人気を集めました。小室哲哉やつんく♂などがプロデューサーとなり鈴木あみやCHEMISTRYなど数々のスターを輩出した当番組で、一際注目されたのがモーニング娘。(以下、モー娘。)のドキュメントです。

80年代、おニャン子クラブの大ヒットによりアイドルという言葉は「素人っぽさ」「初々しさ」「何者かになる為の準備期間」という意味を強く帯びるようになりました。そのままアイドル冬の時代と呼ばれた90年代に突入し、安室奈美恵やSPEEDなどのいわゆる本格派ガールズシンガー、ユニットが台頭することでアイドルはますます肩身の狭い思いをすることになったでしょう。そんな時代に生まれたのがモー娘。でした。

ASAYANは、どちらかといえば世間から下に見られやすい存在となっていたアイドルの辛く厳しい部分にひたすらスポットを当てました。そうすることで「アイドルはへらへら笑っているだけの仕事」という世論を「表では笑顔の女の子たちが、裏では血の滲むような思いをしている」と覆し、モー娘。に市民権を与えました。それ自体は、素晴らしいことだったと思います。モー娘。は国民的アイドルとなり、オーディションを経て新メンバーが加入する度に日本中が注目しました。

そしてその結果、「アイドルとは日々切磋琢磨し、メンバー全員がライバル同士である」という新たなアイドルグループ像を更新しました。

眺めてるだけで幸せな「仲良し」アイドル・嵐

ではここから現在の「アイドルグループのメンバー同士が仲良しって、いいよね」という風潮にはどう変遷していったのでしょうか。それを語る上で外せないのは、「嵐」の存在だと思うのです。

嵐は、私が中学三年生だった1999年の秋に結成されました。力強いグループ名とは裏腹にどこか心細そうで、デビュー会見をしたハワイの船上で「トホホ」とした表情を見て「アイドルのくせに、なんと正直な男の子たちだろう」と思った記憶があります。それからずっと、私は嵐を応援しています。

最初はトークも下手でメンバーだけが楽しそうにしていて、聞いてるこちらは何が面白いのかさっぱり分からないのですが、でもそれが何かよかったんですよね。「あぁ楽屋でもいつもこうなんだろうなぁ」とか「再現して話す力量がまだないだけで、きっとその場のノリはすごい楽しかったんだろうなぁ」と察しながら、彼らがきゃっきゃしている姿を眺めているだけで幸せな気持ちになれたからです。

時は経ち、場数を踏み、経験値を上げた5人はトークもすっかり達者になって、いつの間にかスーパーアイドル・嵐になっていました。

同じ5人組の先輩であるSMAPがもう少し男っぽく、ボケ突っ込みの役割分担がはっきりしているのに対し、嵐は全体的に柔和でいわゆる草食男子に近かったのかもしれません。時代にフィットしたとも言えるのでしょう。

そんな嵐を見て育った私は仲良しなアイドルグループが大好きなまま、アイドルの振付師になりました。そこで最初に担当したグループがぱすぽ☆(現・PASSPO☆)だったんですが、この人たちが仲良くてね。

メンバー内だけで起きるブームとか、あだ名とか、それが廃れるのが異常に早いところとか、ほんとただの女子高生っぽくてすごくいいなぁ、狙ってこういうバランスになるものじゃないしこれってちょっとした奇跡なんじゃないか、なんて出会ったときから実はとても心躍っていました。

しかし、です。アイドルグループが始動するとなると必ずいるんですよ。「いつまでも仲良しこよしでいられるわけじゃないからね」「仲間を蹴落とすつもりでいなきゃこの業界やっていけないよ」って囁いてくる、ASAYAN亡霊がな!

アイドル愛の薄い人に限ってそういうこと言うんだよなぁ?!と怒鳴り散らしたい気持ちを抑え、私はぱすぽ☆に話しました。「馴れ合ったり、間違ってることを違うとも言えないような関係は仲間でもなんでもない。でも、仲良しで悪いことなんてひとつもないんだよ。ていうか仲良しじゃなきゃ乗り越えられないことだって沢山あるし?! ほら?! 嵐を見てごらんん!!?」。ぱすぽ☆が結成されたのは2009年。嵐が年間オリコンシングルランキングで1位・2位を独占したのが2008年。なんという説得力。あぁ嵐、ブレイクしてくれていて本当にありがとう……。

そこから7年経ったPASSPO☆が今でもやんややんやと毎日仲良しなのは話すまでもないですが、いやぁ皆さん。仲良しっていいよね?

誰かと誰かが仲良しなのを見ているだけで、なんでこんなに可笑しくて楽しいんだろう。そんな例がなんと我々なでksジャパン内でも存在するので紹介させてください。長女・二宮なゆみ、三女・小口百桃花の通称「なゆもも」珍道中だよ!

なゆもも珍道中 in 鎌倉

今回はみんなが最近行きたくてしょうがなかった鎌倉を街ブラ。なでks最年少のレイチェルが残念ながら参加できなかったので、母性を持て余したアラサーたちは元ぱすぽ☆のむっちゃんも連れて来ちゃったよ。


事前になゆもも回だよと伝えておいたら構えてももこと距離を置くなゆみ(34)。

まずは江ノ電に乗って腹ごしらえしに行こう、ということに。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なでksジャパンのアイドル桜梅桃李

二宮なゆみ /竹中夏海 /小口桃禾 /日笠麗奈 /渡賀レイチェル

モデル、兼業ライター、振付師、ラジオDJ、ラッパーと、4ババア1MCのアイドル大好きクルー「なでksジャパン」によるコラム連載。テーマは「街に潜んだアイドル性」。アイドルが好きすぎて、なんでもかんでもアイドルに見えてしまう彼女たちが、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reina_hikasa 奇しくも前日に更新となったなゆももの“盛れてない他撮り”写真満載の「なでksジャパンのアイドル桜梅桃李」。こちらは竹中さんが書いてます!めちゃ良い記事!ぜひ! https://t.co/xrgDDQPPts https://t.co/t1CzXXIfvH 4年以上前 replyretweetfavorite

pikanchi2blue |なでksジャパンのアイドル桜梅桃李|二宮なゆみ/竹中夏海/小口桃百花/日笠麗奈/渡賀レイチェル|cakes(ケイクス) 面白いな! https://t.co/kvIpiCSu65 4年以上前 replyretweetfavorite

shiyoh7100 もちゃんが桜梅桃李で泣きながら爆笑してたまさしの動画だよ。 記事はこちら→ https://t.co/pQL442vMNR https://t.co/61qFXndPkn 4年以上前 replyretweetfavorite