日本はかつてない「安売り」の時代に入った

出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さん。急成長し続けるアジア諸国、停滞・成熟する欧米などを巡りながら、この日本という国で僕たちがどう生きればいいのかを堀江さんは考えました。
書籍『君はどこにでも行ける』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

日本はかつてない「安売り」の時代に入った

 アジア各国は目覚ましい躍進を遂げている。一方、日本経済の落ち込みは激しい。長い不況の末、かつてアジア最強を誇ったジャパンマネーの〝円〞は、すっかりパワーを失った。

 アジア全体の経済レベルでみると、格差はものすごい勢いで広がっていて(世界的な現象なので特に言及はしない)日本はまだ一応、最上位にはいる。しかし富裕層の経済力に限定した場合、中国・シンガポール・タイには、完全に抜かれている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
君はどこにでも行ける

堀江貴文

街角で〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時に感じる「寂しさ」の正体はなんでしょう。出口の見えない不況の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまいました。 出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamazaki112 日本の衰退から目をそらす若者 https://t.co/WiA9x20OPW 7ヶ月前 replyretweetfavorite

wakuwakurich <日本人の多くは「日本人であれば、無条件に中国人よりも豊かだ」と思い込んでいた。上海の物価が東京の物価を優に上回る今、その認識は完全に時代遅れだ。> https://t.co/LaVuqGok5h https://t.co/KYrF0dnnqI @takapon_jp 10ヶ月前 replyretweetfavorite

miya3959 こう言う事を話してもまだ自分には関係ないって意識の人が多い。 前は説明してたけど今はもうスルーしてる。そういう連中と関わる時間が無駄。 https://t.co/Oa0J1UEhEJ 10ヶ月前 replyretweetfavorite

FujinkoAyumi 堀江貴文さんの「 ---我々自身の寂しさを、過剰な自国礼賛や隣国バッシングに転化させないで、しっかり見つめていくことが、いま求められているのだとこの本では伝えたい。--- 10ヶ月前 replyretweetfavorite