新しい恋の予感!?男にドライブ病【後編】

結婚を焦るあまり、判断基準がすべて「男」中心になってしまう「男にドライブ病」にかかっていると診断された藍田さん。最後には自己顕示欲の化け物になるというこの病から抜け出すには、どうしたらいいのでしょうか? 仕事か恋か、悩んだ末に答えを出した藍田さんを待ち受けていたのは、思いもよらぬ結末でした。グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。


働く女が一度は激突する壁

男か仕事、どっちを選ぶか。

両方よ! 両方!! と言いたいところですが、時として、なかなかそうも言っていられない状況が発生したりします。

たとえば彼が転勤になってしまったり、人生には思わぬサプライズが起こって、仕事を選ぶか、恋を選ぶか、2つの選択肢のうち1つを選ばなければいけない時がやってきます。

どんなことが起こっても男なんて関係ない!
私は仕事を選ぶ!

と言い切れる人はなかなかいないのではないでしょうか。

これは恋愛だけに限りません。家族の事情で、仕事と家庭、どちらか選ばねばならない時だってくるでしょう。
そんなことが起こった時、どうしたらいいのでしょうか。

選ぶ時はとても苦しいものですが、その答えはすごくシンプルです。

社会的に大切なものではなくて、
自分にとって大切なものを選ぶことです。


たとえば、

そろそろ結婚したい

というのは、結婚適齢期の女性が感じる、一番の焦りのひとつです。
なぜだかタイムリミットがどんどん迫ってきて、まるで自分自身が削られていくような焦りを感じます。

そうすると、焦るあまりよく考えもせず、目の前にいる男に飛びついてしまう。
これをやってしまうと、後々その男性が自分の「理想」とかけ離れていたとわかったとき、

こんなはずじゃなかった……。

と大後悔するはめになります。
そもそも男性のほうも、そんな理想を押し付けられてはたまったものではありません。

まずはじっくりと、

彼とどんな家庭を築いていきたいのか。
そのなかで自分の人生をどうしていきたいのか。

それを考えてください。

そして、そのうえで、その恋が自分にとって大切なものであると実感できるのなら

手放してはいけません。

カレピッピは自分にとっての宝物です。

他の人がその価値をわからなくてもいい。
自分だけがわかればいいのです。

恋愛も仕事も家庭も、何を選ぶ時でも同じです。
迷ったときは、いつも考えてみてください。

他人も世間体も関係なく、自分が本当に大切なものはなにか。

その時の激情に流されず、じっくりと向き合っていきましょう。


藍田さん「自分にとっての宝物……」

藍田さんは初めてモブに会った時のことを思い出しました。

初対面なのになんだか懐かしい気持ちになって、二人はすぐに付き合いだしました。

でも、まだ付き合って3か月。モブのことは知ってるつもりで、まだ何も知りません。
そうして、まだ仕事にもなにも不満はありません。きっと、今の場所でも学ぶことはたくさんあるでしょう。

シリコンバレーも魅力的だけど、きっともっと大切なことがあるはず……。

数日後、藍田さんはそう考えて、ヘッドハンターからの誘いを断ったのでした。




それからしばらくしてのことです。

南青山のこじゃれたフレンチで、「大事な話がある」と呼び出された藍田さんは、カレピッピのモブと食事をしていました。

藍田さん「どうしたの? 話があるって言ってたけど……」

モブ「実はね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oza_shu 事後報告じゃなくて話し合って決めるのが円満ぽい 4年弱前 replyretweetfavorite

zunzun428 今週も掲載されたよ〜結婚にあせる藍田さんに訪れた衝撃の展開とは....→ https://t.co/VNJJdm1hwe 4年弱前 replyretweetfavorite

lulumocco |ずんずん @zunzun428 日曜日はこれを読んでから、来週の予定を立てようね。 https://t.co/sQ1nK572jR 4年弱前 replyretweetfavorite