それでも僕は、外科医をやめない

こじらせ先輩に聞いた、もぐらたたき女子のこと

支離滅裂系女子と真面目に付き合うのは大変と愚痴をこぼしたら、女子にとってそれは普通レベルだった件。イケメンだろうと、医者だろうと、いつの時代も、男は女に翻弄され続けるようで。今週の雨月氏はつかみ所のない女性について、語るようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

ある日の夕刻、私はかなりイケメンの独身こじらせ先輩と女性二人の四人で、お寿司屋さんの座敷におりました。女性は一人は人妻で、もう一人はIT系の丸顔美女、年の頃は20歳代も暮れにさしかかったころ。

掘りごたつに座り、運ばれてきた冷えたプレミアムモルツで乾杯です。

結婚指輪を着けての参戦をしてくれた人妻女子は「こじ先輩はどれだけイケメンなんですか!」ばかり言っていて、すでに目がハートになっている。これは、今夜はこじれそうだな……と思いつつ、私は熱燗を注ぎます。コリコリとした酢漬けのなまこがお酒に良く合います。

続いて運ばれてきた刺身の盛り合わせを頂きながら、こじ先輩は「もぐらたたき女子って知ってます?」から始まる不思議なトークで盛り上げてくれました。

なんですかそれは?と尋ねると、

「飲み会で出会った子から後日食事でもいきませんか、とメールが来たんです。で、僕がいいですね行きましょう、と返事すると、その後返事がさっぱり来ないんです」

そりゃ不思議な。人妻女子は「えー!こんなイケメンにもったいないー!」と言っています。

「で、僕もなんなんだこの子は、と思うじゃないですか」

「確かに、いい迷惑です」私が言います。

「ところがね、2、3ヶ月するとまたその子からメールが来るんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masaki_kashiwa ぶはははははwww これでドン引いちゃうんかぁ 同じ人間だと見られないと忙しないのぉ 4年弱前 replyretweetfavorite

arekim1973 これはMILPOM★女子だな・・ 4年弱前 replyretweetfavorite

cute_comachi 「私もそれ、やっちゃうかも…」 「ひどいでしょ?わたし…きゃはは…」 うーむ、わからなくもないが、さすがにね、え?では昔?いやいや、思わせぶりは職業柄…と逃げておく。 https://t.co/9L2c5Rffvw https://t.co/8S6YEzPfBi 4年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/WgOdkXy7bg もぐらたたき女子は彼氏持ちである こじらせ女子の一斉送信 IT系の丸顔美女のまる子さん… https://t.co/3FTPZeTj2D 4年弱前 replyretweetfavorite