ニュースがわかる経済学

第3回】もっと分かる!〈世界経済編〉 相場乱高下のメカニズム

経済学の理論、論理をきちんと使えば、世界経済の動きをしっかりと理解できる。そうした道具の正しい使用法を、竹森俊平・慶應義塾大学経済学部教授が伝授してくれる。
経済学の理論、論理をきちんと使えば、世界経済の動きをしっかりと理解できる。そうした道具の正しい使用法を、竹森俊平・慶應義塾大学経済学部教授が伝授してくれる。

 そもそも投資における「危険」とは何か、基本中の基本である「正味現在価値」(NPV)から出発して考えよう。投資判断のベースであるNPVとは下図の通りだ。要は投資から上がってくる収益を今日の値に直した上で全部足し合わせ、そこから投資額を差し引いたもの。これがプラスなら投資に踏み切れる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ニュースがわかる経済学

週刊ダイヤモンド

ニュースの理解度がぐっと高まる方法がある。経済学的な思考、重要な経済理論のポイントをきちんと押さえることだ。名物教授陣が「道具」としての経済学の活用法を教えてくれる。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません