ニュースがわかる経済学

第2回】もっと分かる!〈日本経済編〉数字で読む円安効果の持続力

経済活動の基本、景気のメカニズムを押さえ、データをチェックすることで、経済の実態を正しく見詰める。その方法を小峰隆夫・法政大学大学院政策創造研究科教授が教える。
経済活動の基本、景気のメカニズムを押さえ、データをチェックすることで、経済の実態を正しく見詰める。その方法を小峰隆夫・法政大学大学院政策創造研究科教授が教える。

 経済を語るのは、ある意味で簡単だ。自身の実感に沿って「景気はいい」と言う人も、「全然駄目」と言う人もいる。しかし、日本経済全体の大枠、実態をつかむにはやはり客観的なデータを見なければいけない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ニュースがわかる経済学

週刊ダイヤモンド

ニュースの理解度がぐっと高まる方法がある。経済学的な思考、重要な経済理論のポイントをきちんと押さえることだ。名物教授陣が「道具」としての経済学の活用法を教えてくれる。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません