ばっちりつかむ経済思想

最終回】一目で分かる! ビジネスに使える! 世界の経済&思想マップ

世界経済をけん引するのはどこなのか。現在の「豊かさ」と将来の「成長余力」の2点で世界20カ国を比較。経済成長を見通す材料ともなる新興国の政治・経済思想も要チェックだ。

 国の豊かさの指標である1人当たりGDP(国内総生産)において、主要先進国はランキングの上位を占める。一方、成長余力の指標となる将来の生産年齢人口比率(2035年推計で15~64歳の人口が総人口に占める割合)では、新興国勢が総じて優位。マクロ経済データは、世界経済の構造転換のうねりをまざまざと見せつける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ばっちりつかむ経済思想

週刊ダイヤモンド

現在の経済学を深く理解するには、その背景を知ることである。『これならわかるよ!経済思想史』(小社刊)の著者、坪井賢一が三大思想の盛衰を軸に「経済学の歴史」をご案内する。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません