オチビサン歳時記

ひな祭り 〜ひな祭りの起源の一つは、貴族の遊びだった〜

まもなく桃の節句。
ひな祭りですね。ひな祭りは、端午の節句や七夕の節句などとともに、
五節句の一つに数えられています。
その始まりをご存知ですか?オチビサンたちは“花より団子”で、
人形より、おいしいお菓子に興味があるみたいですね!


ひな祭りの始まりは江戸時代。幕府が、五月五日や七月七日などを祝日と定めたとき、三月三日も 上巳 じょうし の節句となりました。人形を飾って餅や菓子を供え、「ひな祭り」と呼ぶようになったのもこの時代です。

ひな祭りは、三つの行事や風習がもとになったといわれています。一つめは、中国の上巳節。古代中国には、三月初めの巳の日に心身のけがれを水で清める風習があり、それが日本に伝わって宮中行事となりました。二つめは、 人形代 ひとかたしろ を海や川などに流す風習です。形代は、中国から伝わった呪術の道具。人の形にした紙や木などにけがれを託して払う儀式は、奈良時代には行われていたそうです。

そして最後は、平安貴族の女の子たちに人気だった「ひいな遊び」。小さな紙人形に着せ替えをし、調度品をそろえて遊びました。『枕草子』でも、「愛らしいもの」として「ひいな遊びの調度」があげられています。

ひな祭りは、これらが結びつき、現在のようなかたちになりました。初めは紙製だった人形も、やがて享保雛とよばれる人形が作られ、二月末には各地に雛市がたって、人形を買う人でにぎわいました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

organicradio 【なぜ黒人はヒラリーを選ぶのか?】 なるほどねー、白人貧困層が支持するサンダースは選ばないという感情もあるのか。 黒人層は"現実的"か・・ https://t.co/AnNT4qKLEv 4年以上前 replyretweetfavorite

0bq 燃え殻さん、やっぱり文章うまいな https://t.co/1tSvmXoOSd 4年以上前 replyretweetfavorite