心のベストテン

ゲスト夢眠ねむ!】星になったデヴィッド・ボウイと攻める50歳

前回に引き続き、ゲストは『でんぱ組.inc』の夢眠ねむさん。今回は、今年1月に亡くなったロックスター、デヴィッド・ボウイについて。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

死をもって自らの人生をアートとして完成させる

柴那典(以下、柴) 前回はアイドルの未来についての話でしたけれど、今回はデヴィッド・ボウイについて話したい! というのも、この二つはつながる話なんです。

大谷ノブ彦(以下、大谷) あー、まさにそうですね。そして、今の時代のロックスターのあり方ともつながる。

夢眠ねむ(以下、ねむ) どういうことなんですか?

大谷 そもそもねむちゃんは、デヴィット・ボウイってわかります?

ねむ あの、一応すごい人ってのは知ってるんですけど、星がビビってなってる……みたいな(笑)。

 そうですよね。僕らよりもさらに上の世代のスターだし、若い世代の人がこれまでのキャリアをよく知らないのは当たり前。でも、全然それでよくて。というのも、亡くなる直前にリリースされた最新作の『★』がとにかく素晴らしいんです。

大谷 そう! それまでとまったく方向性が違って、バックメンバーはジャズ系のミュージシャンばかり。結果的に遺作になってしまったんですけれど、発売直後は「さすがボウイはこの歳になってもまた攻めたアルバムを作るなあ!」って評価だったんです。

 で、後になってわかったんですけれど、実はボウイは1年ちょっと前に癌を宣告されていたんですね。

ねむ ひゃ〜。

 つまり、自分に余命として残された時間が1年しかないという段階で、最後の作品として作ったのがこの『★』なんです。

大谷 でもさ、そうなったら普通、スーパーベストとか、集大成みたいなことをしようと思わない?

ねむ する! 「今までありがとう!」みたいなことやると思う。

大谷 ファンだって、今までにやってきた人気のパターンをやれば喜ぶだろうしさ。デヴィッド・ボウイはその段階で新しいことやるんだもん。ほんとにすごい。

 去年にケンドリック・ラマーという若いヒップホップのアーティストが、やっぱりジャズ系のミュージシャンを起用した『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』というアルバムを出して、世界的な評価を集めていたんです。デヴィッド・ボウイもそれに刺激を受けて「負けてられるか」って死ぬ間際にも挑戦して、こういう作品になったんですね。

ねむ そっか。ずっと第一線に立ってるっていうことは、ちゃんと発明をし続けているっていう意味なんですね。

 彼のすごいところはそこなんですよ。一度成功した自分のやり方をあっさり捨てて、どんどん新しいことを始めちゃう。ずっとそれを繰り返してきたんです。だから70年代とか80年代の時も新作が出るたびにファンは戸惑ってた。「この人、何がしたいんだ?」って。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

inagakikenji 星になったデヴィッド・ボウイと攻める50歳|柴那典 @shiba710 /大谷ノブ彦 @dnjbig https://t.co/lWvtE041dG 4年弱前 replyretweetfavorite

iwamino 1件のコメント https://t.co/WJANW0GKpo 4年弱前 replyretweetfavorite

iwamino 1件のコメント https://t.co/WJANW0GKpo 4年弱前 replyretweetfavorite