注射針の自販機がある!? パリのリアルなドラッグ事情

歌手のASKAさんや清原元選手の逮捕など、日本では近ごろ、薬物使用に関する事件が目立っています。一見自分とは縁遠いものに思えるこれらの事件ですが、そのような意識でいること自体が危険なのだと、パリ在住の中村さんは警鐘を鳴らします。ドラッグが身近な国・フランスに住んでわかった実情、そして薬物の危険に対してわたしたちが取るべき態度とは、いったいどういったものなのでしょうか。

最近、日本では大物歌手や元プロ野球選手の逮捕など、ドラッグの使用に関するニュースが増えているようですね。

日本でこのようなニュースを聞いても、「ドラッグなんて自分には関係ない」と思う人が多いのではないでしょうか。しかしパリでは、生活の中でドラッグを意識する機会が多くあります。

例えば街を歩いていたり、郊外行きの電車に乗ったり、コンサート会場に行くだけで、タバコとは違う、草を燃やしたような煙の匂いがしてくることがあります。これは、オランダやアメリカの一部の州では合法のソフトドラッグ、「大麻」の匂いです(もちろん、パリでは違法です)。

「こんなに普通に大麻を吸っている人がいるなんて」と最初は戸惑ったものの、いつしかそんな日常にも慣れていました。ところが先日、「さすがにこれは!」と驚いてしまったある発見があったのです。

今回は、そんなパリのドラッグ事情についてお伝えしていきたいと思います。

それは、いつも利用しているスーパーに行ったときのことでした。ふと出口の右側を見ると、小さな自動販売機があるのに気がつきました。

「あれ? こんなところに自動販売機なんてあったかな?」と、私はその謎の機械をじっくり覗きこんでみたのです。

それは、パリの街角によくあるコンドーム自動販売機とサイズは似ているけど、商品パッケージなどがまったく表に出ていません。

結局何だかわからなかった私は、家に帰り「あの機械はなに?」と旦那さんに聞いてみました。すると、びっくりするような答えが返ってきたのです。

「ああ、あれは注射針の自動販売機だよ」

パリ市内に30台? 注射針の自動販売機

調べてみるとこの自動販売機は、なんとドラッグを打つための注射針を提供するものだということがわかりました。

パリの主要駅前にある注射針自動販売機。空港行きのバス停の目の前、観光客も普通にいるエリアに設置してあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KimihiroSuzuki |中村綾花 @ayakahan https://t.co/OrUloKLX2U 1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 注射針の自販機がある!? パリのリアルなドラッグ事情 中村綾花@ayakahan https://t.co/CsS9lTIcrN 「日本人は大丈夫か、はっきり言って心配している」 覚醒剤売れすぎ、逮捕されたイラン密売人に心配される https://t.co/IH3JlsfNO3 1年以上前 replyretweetfavorite

chimiiiiin …フランスすごい。日本でも時々香るよね。アメリカとかもやっぱり多いし。 1年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 1年以上前 replyretweetfavorite