フェル先生のさわやか人生相談

デキる社員でいたい願望が強すぎて失敗してしまいます【第164回】

寒暖差の厳しい日々が続き、朝の出勤・通学が辛い季節が続いています。今回ご紹介するのは「周りからの評価や上司との関係が気になって後ろ向きな気持ちになってしまう」という会社員の女性からのお悩みです。評価ばかり気にしていては仕事に集中できないとはいえ、気にするなと言われて治るものでもありません。自分を責める相談者さんに、フェル先生がそっと寄り添い優しい言葉を投げかけます。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

周囲からの評価をいつも気にしてしまいます。

いつも楽しく拝見させていただいています。恋愛相談が多い中、これから書かせていただく内容がこのコンテンツにマッチするのか分からないのですが、先生のご意見をお伺いできればとても嬉しく思います。先生、私は今年で42歳になろうという、社内でもそこそこの中堅にあたる年齢にもかかわらず、未だに一皮も二皮もむけない面倒くさい女性会社員です。

私の面倒くささは、いつまで経っても「私は・私が」の我ばかりに固執しているところです。周りを見回し、配慮しつつ、立ち向かおうとしてはいるつもりではいるのです。が、例えば、上司からのふとした反応や指摘を受けた際、「私にだけキツくないか?」とか「私だけ舐められてる気がする」とか、終始、自分に対する反応が気になってばかりなのです。

また「私はうまく立ち回れているか?」「私の今のやりとりはいいところを突いていたか?」など、デキるサラリーマンでありたい願望が強いのです。そのせいもあってか、すぐにカッときたり、上司との関係が良好でなくなっているように感じたり、周りから評価されているかがいつも気になったり。こんなふうに考えても、評価も上がらなければ、上司との関係も変わらないことは分かっているつもりなのに、、、メンタルのコントロールが利かず、本当に情けないです。

我にとらわれず次の行動にうまく移せる人と、私とは、決定的な能力・感受性・考え方の違いがあると思うのです。40過ぎた今からでも、我にとらわれすぎずに、前向きな次の行動・思考に移ることが出来るようになるために、何かアドバイスいただけないでしょうか? このようなご相談を取り上げていただけるかわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

(41歳・女性・会社員)


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogoferdinand ご本人が意識されぬままにお局化しないかが心配です 5年弱前 replyretweetfavorite

nanamurananako 若い男の子かと思ったら40代お姉さまの相談だった!まじめなのね。 5年弱前 replyretweetfavorite

gogoferdinand 職場でモメる女性社員の悩み 5年弱前 replyretweetfavorite