幸せになる勇気

哲人は断言する。「教育とは『介入』ではなく『援助』である」

教育の目標は「自立」であり、「自立」とは人間の根源的な欲求である。ゆえに、教育は「介入」ではなく「援助」になるのだとする哲人の主張に、まだ釈然としない様子の青年。しかし議題は新しい概念「人間知」へと移っていきます。他者があり、社会があるからこそ必要になる「知」とは一体なんなのでしょうか? 100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』待望の続編『幸せになる勇気』より、第一部を特別掲載いたします。

教育の鍵は「人間知」にかかっている

哲人 大切なところです。整理しながらお話ししましょう。まず、家庭や学校での教育は、なにを目標になされるものなのか。あなたのご意見はいかがですか?

青年 ……ひと言では語れませんよ。学問を通じて知識を修めること、社会性を身につけること、正義を重んじ、心身ともに健康な人間として成長していくこと……。

哲人 ええ。いずれも大切なことではありますが、もっと大きなところで考えましょう。教育をほどこすことによって、子どもたちにどうなってほしいのでしょうか?

青年 ……一人前の大人になってほしい、ですか?

哲人 そう。教育が目標とするところ、ひと言でいうとそれは「自立」です。

青年 自立……まあ、そうとも言えるでしょう。

哲人 アドラー心理学では、人はみな、無力な状態から脱し、より向上していきたいという欲求、つまり「優越性の追求」を抱えて生きる存在だと考えます。よちよち歩きの赤ちゃんが、二本足で立つようになり、言葉を覚え、周囲の人々と意思の疎通を図れるようになっていく。つまり、人はみな「自由」を求め、無力で不自由な状態からの「自立」を求めている。これは根源的な欲求です。

青年 その自立を促すのが、教育だと?

哲人 はい。そして身体的な成長のみならず、子どもたちが社会的に「自立」するにあたっては、さまざまなことを知っていかなければなりません。あなたの言う、社会性や正義、それから知識などもそうでしょう。無論、知らないことについては、それを知る他者が教えなければならない。周囲にいる人間が援助していかなければならない。教育とは「介入」ではなく、自立に向けた「援助」なのです。

青年 はっ、なんだか苦し紛れの言い換えに聞こえますがね!

哲人 たとえば、交通ルールを知らないまま、赤信号と青信号の意味を知らないまま、社会に放り出されたらどうなるか。あるいは自動車の運転技術を知らないまま、運転席に座らせることができるか。当然、そこには覚えるべきルールがあり、身につけるべき技術があるでしょう。これは命に関わる問題であり、しかも他者の命をも危険にさらすかもしれない問題です。逆に言うと、もしも地球上にひとりも他者がおらず、自分ひとりで生きているのだとすれば、知るべきことはなく、教育も必要ありません。そこに「知」はいらないのです。

青年 他者がいて、社会があるから、学ぶべき「知」があると?

哲人 そのとおりです。ここでの「知」とは、学問だけでなく、人間が人間として幸福に生きるための「知」も含みます。すなわち、共同体のなかでどのように生きるべきなのか。他者とどのように関わればいいのか。どうすればその共同体に自分の居場所を見出すことができるのか。「わたし」を知り、「あなた」を知ること。人間の本性を知り、人間としての在り方を理解すること。アドラーはこうした知のことを「人間知」と呼びました。

青年 人間知? はじめて聞く言葉ですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生を再選択せよ!ーー100万部のベストセラー『嫌われる勇気』の続編、ついに登場!

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

--- - "岸見 一郎" - "古賀 史健"
ダイヤモンド社
2016-02-26

この連載について

初回を読む
幸せになる勇気

岸見一郎 /古賀史健

『嫌われる勇気』から3年後、教師になった青年は再び、哲人のもとを訪ねる。「アドラーを捨てる」という、思ってもみなかった決意を胸にして。本当に「世界はシンプルであり、人生もまたシンプル」なのか。それとも「アドラー心理学」は現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suguruko ”教育が目標とするところ、ひと言でいうとそれは「自立」です。 ” まったくもって同感。 約2年前 replyretweetfavorite

nazenazeboy "われわれは自らの役割に自覚的であらねばなりません。教育が強制的な「介入」に転落するのか、自立を促す「援助」に踏みとどまるのか。それは教育する側、カウンセリングする側、指導する側の姿勢にかかっているのです。" 約2年前 replyretweetfavorite

hdsntw まさにコーチング。 介入は最低限にとどめたいものだ。 約2年前 replyretweetfavorite

taiki411 目的の違いだよね。従わせたい人は強制して介入する。自立してもらおうとする人は、認めて援助する。 >>> 約2年前 replyretweetfavorite